« 無駄話<引っぱりだこ> | トップページ | 無駄話<のびたの遺書> »

2010年3月30日 (火)

無駄話<得体>

 15年前国松孝次警察庁長官狙撃事件、オウム真理教の組織的犯行かといわれながら昨日で時効の15年が過ぎて、犯人の「えたい」は知れぬまま幕が下ろされることになりました。犯罪が時効になるということは、被害者や家族は悔しい限りでしょう。

 警察庁長官狙撃事件
Crm0912280700003p71

 犯罪が時効になればえたいの知れぬ犯人が逃げ延びていることになり、被害者や家族はいつまでも不安が残り、心の終結も得られないことになります。

 真の姿や正体、本当のことが見えないことを「えたいが知れない」と言いますがが、漢字で書くと「得体」となります。でも、得をする体?体を得る?という具合に、実は得体が知れないのはこの言葉自体ということになります。

 一説によると「得体」というのは当て字で、この漢字自体に相応の意味があるわけではないそうです。本来は「衣体」と書き、僧侶の衣装のことであり、僧侶の正装、ユニフォームは仏教の宗派によって、さらにその僧侶の位によって形や色が分かれています。

Trd0712151717014p71

 よく見る黒い衣装は最下位の僧侶のもの、または簡略的なものとしても使われます。
つまり、本来の「衣体が知れない」とは僧侶を見て、その宗派や位の高さが不詳であり、正体が分からない…という意味になるのです。

 さらにもう1つ、「ていたらく(為体)」の音読み「いたい」から転じたとも言われれ、現在ではネガティブな意味で使われるが、本来は有様や実体を表わす言葉であり、やはり正体が知れない、というような意味になるわけです。



システム英単語ver.2 システム英単語ver.2

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 無駄話<引っぱりだこ> | トップページ | 無駄話<のびたの遺書> »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

テレビや新聞でも見ましたが
犯人はわかっていても
逮捕できないとは家族は悔しい限りです。

山ちゃんさん、被害者や家族にとっては、殺人や殺人未遂事件には時効を無くして、捜査し続けて欲しいことと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無駄話<引っぱりだこ> | トップページ | 無駄話<のびたの遺書> »