« 無駄話<泥と棒> | トップページ | 無駄話<シルバーシート> »

2010年3月12日 (金)

無駄話<サングラス>

 ここしばらく菜種梅雨模様の天気が続いていますが、これからの晴れた日は日増しに紫外線の強さを感じます。そうなるとサングラスをかけた人が目につきますが、私はサングラスをかけるのは嫌いだし、かけた人も敬遠したい気がします。特に見せてなんぼの芸能人やタレントが観客の前で、室内でもサングラスをかけて、自分の表情は隠して観客の反応を窺っているのは失礼じゃないでしょうか。

20060217tamori_ryouri1

 もちろんサングラスの大きな効果を知らないわけでも認めないわけでもありません。一番は強い光や紫外線を抑えて目を保護する効果、ファッションの小道具として、また視線を隠すというもあるでしょう。でも目を開いているのか閉じているのかも分からないような濃い色のものを室内でまでかけることはないと思います。

 呼び名の通り太陽光から目を本格的に保護する目的のサングラスは、1923年アメリカ軍の航空機パイロット、ジョン・マクレディ中尉の依頼によって初めて開発されたそうです。これが航空隊で正式採用され普及し、後にハリウッド俳優がファッションとして愛用するようになったということです。

Images8

 一方、視線を隠すという目的では歴史は古く、15世紀頃の中国までさかのぼり、当時の裁判官はススのついた石英レンズをつける決まりになっていたそうです。これは判決前に裁判官の表情を悟られないようにということで、光を遮る効果はあくまでも副次的なものだったようです。

44264461

 人の信頼関係には、お互い心のままの表情を見せ合うことが大事だと思います。他人に表情を見せないということは悪用の場合が多いでしょう。職業上や、目の具合の悪い方で保護のため止むを得ない場合のほかは、人との対面にはサングラスは外しててもらいたいです。



システム英単語 Ver.2 Book システム英単語 Ver.2

著者:刀祢 雅彦,霜 康司
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 無駄話<泥と棒> | トップページ | 無駄話<シルバーシート> »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

サングラスの言い訳します。私は、8年前緑内障の発作を起こして、1ヵ月程入院治療したのですが、その際、細胞が、5・6個死滅してしまい、
それは、再生出来なくて、光が直接目に入り、
眩しくて目が開いて居られなくなります。それで、少々天気が悪くても、冬でも、夏でも、外では、サングラスを掛けています。車に乗った時は、夜でも掛けています。怪しい人が、濃いサングラスを掛けているのは、とても嫌ですけど、やはり世の中には色々な事情の人も居ると思います。

私の浅はかな私見で不愉快な思いをおかけしたこと深くお詫び申しあげます。折角私のブログをお訪ね下さった方に申し訳ございません。止む得ずサングラスをかけて居られる方のことに考えが至らなかったこと恥じています。どうかこれで懲りることなく、又お訪ね下さってご忠告いただきたく、よろしくお願い申し上げます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無駄話<泥と棒> | トップページ | 無駄話<シルバーシート> »