« 無駄話<W.C> | トップページ | 無駄話<石焼芋> »

2010年3月21日 (日)

無駄話<彼岸>

 今日は彼岸の中日、そして3連休の中日です。ご先祖の墓参りに行かれる方も多いでしょうが、行楽に向われる方も多いでしょう。我が家は田舎で墓守の側であり、墓参りに来た親戚が次々と立ち寄ってくれます。たまにしか会わない人たちも居るので懐かしく、桜より一足早く話に花が咲きます。

1img_40231 

  ウィキペディアによると、「彼岸(ひがん)」とは、煩悩を脱した悟り境地のこと、いわゆる「あの世」のことであり、煩悩や迷いに満ちたこの世をこちら側の岸「此岸(しがん)」と言うのに対して、向う側の岸「彼岸」というそうです。

 仏教界で「彼岸会(ひがんえ)」は、雑節の一つで、春分・秋分を中日とし、前後各3日を合わせた7日間のこと。また、この期間に行われる仏事のことで、暦の上では最初の日を「彼岸の入り」、最後の日を「彼岸明け」といい、中日には彼岸におわす先祖に感謝し、残る6日は、悟りの境地に達するのに必要な6つの徳目、六波羅蜜を1日に1つずつ修めるためとされているそうです。

 彼岸のお供え、同じものを春は牡丹餅、 秋はお萩。

Photo1495231

 「寒さ暑さも彼岸まで」といわれるように、春秋ともに彼岸の頃は気候が和らいで、行楽シーズンとなるので、遠い先祖の墓参りは行楽を兼ねたものになっているようです。彼岸の祖先たちも、せめて想い出してさへ貰えたら、「お墓の前で泣かないで下さい」だろうと思います。

 墓前にて 彼岸偲べば 千の風 

 彼岸は春秋ありますが、俳句の季語としては、単に「彼岸」といえば春の彼岸を指し、秋の彼岸は「秋彼岸」「秋の彼岸」というそうです。「彼岸前」、「彼岸過」、「中日」、も季語として扱われる場合、いずれも春のことを指すそうです。



システム英単語ver.2 システム英単語ver.2

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 無駄話<W.C> | トップページ | 無駄話<石焼芋> »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪
我が家でも牡丹餅を作りました
ご飯にあんこの組み合わせがなぜか食べられません
お餅にあんこは好きなのでおかしなものです

エフさん、牡丹餅は苦手でしたか、男性には多いようです。辛党のほうじゃないですか、私はお酒は駄目なかわり餡子ものは好物です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無駄話<W.C> | トップページ | 無駄話<石焼芋> »