« 庭の植物 | トップページ | 無駄話<春一番> »

2010年3月16日 (火)

無駄話<スイス銀行>

 確定申告による所得税の納期限が迫っていますが、税のうちで一番不条理と思うのは預金の利息にかかる利息税じゃないでしょうか、所得にかかる税金はきちんと納めた残りを、国の福祉政策は当てにならないので、質素倹約して老後のためにと預けている預金の利子です。

Taxfee1

 たかが合せても1000円足らずの利息税、みみっちい愚痴ではありますが、今は元金が増えることなど期待できない雀の涙のような100円単位の利息にまで所得税以上の税率20%の利息税を天引きする、こんなみみっちい税はありません。

 このことを知人に愚痴ると、「ほんまやなあ、いっそ預金を全部スイス銀行に移そうか」なんて冗談を言っていましたが、不当に儲けた金や犯罪によって得られた収益金をスイス銀行に一旦預けて、「資金洗浄(マネーロンダリング)」するという話は時々聞きますが、悪事に手を貸すとも言えるスイス銀行とはどんな銀行なんでしょう。

83721140_45883902d31

 「日本銀行」というような「スイス銀行」という銀行があるわけではなく、そこだけが特別に秘密口座を扱っているという銀行もなくて、実はスイスの1700ほどのすべての銀行はスイスの法律で守秘義務が定められていて、警察や税務署からの問い合わせに対しても秘密を漏らす事はないそうです。

 単なる秘密口座なら香港やシンガポールにもあるのですが、スイスは機密漏洩に対して厳しい罰則があるから安心であり、そこで、ナンバーアカウントという身分証明さえ出来れば外国人でも作れる秘密口座に、世界中から人気が集中するわけだそうです。

 それでもあまりに犯罪がらみの問題が起こるので、この制度を見直そうという動きが出た事もあるそうですが、世界中からお金が集まるこの制度、スイス国民にとっては歓迎で、結局国民投票でも約三倍の差で現状維持になっているそうです。

 日本に居てもスイスの銀行に口座をつくることは出来るそうですが、利息税を免れるぐらいでは割りに合わない下記のようなデメリットがあるそうです。

  • 税務署に金持ちだと思われてチェックが返って厳しくなる。
  • 警察にマネーロンダリングだと思われてチェックが厳しくなる。
  • 入出金に費用がかかって、かえって損をする。
  • 億単位の金でないと、われわれ庶民の財産くらいでは相手にしてもらえない。

 やはり利息税の天引き泣き寝入りするより他ないです。



システム英単語basic システム英単語basic

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 庭の植物 | トップページ | 無駄話<春一番> »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 庭の植物 | トップページ | 無駄話<春一番> »