« 無駄話<おいてけぼり> | トップページ | 無駄話<高い鼻> »

2010年4月10日 (土)

無駄話<煙>

 今年5月、日本たばこ産業(JT)は火を使わず、煙が出ない「無煙たばこ」を、東京都内限定で発売すると発表しました。

201003181659301n1

 タバコの葉が詰まったカートリッジをパイプに取り付けて吸うもので、においもほとんどしないし、受動喫煙の心配もなく、肩身の狭い思いをしている愛煙家の間で評判になると予想し、反応を見ながら、全国に販売を拡大する計画のようです。

 商品名は「ゼロスタイル・ミント」。パイプとカートリッジ2本入りで300円。詰め替え用カートリッジは4本400円。長さは普通のたばことほぼ同じ約8センチで、1本で半日から1日は吸えるということです。

 新製品は、歯茎などにタバコの粉末をつけて香りなどを楽しむ「かぎたばこ」に分類され、発表によると、ニコチンの吸収量は、JT製品の中で最も少ない製品の20分の1程度であり、国外では、タバコの葉を直接かむ「かみたばこ」や、かぎたばこが広く普及しているのですが、国内の普及率はほぼゼロということです。

 ここ数年、禁煙啓蒙活動は日増しに強くなり、愛煙家は白眼視され、喫煙場所は隅っこに狭く追い詰められているのに、辛抱強く紫煙を愛し、ニコチンの作用に魅惑されている愛煙家たちの嗜好を、無煙たばこに向かせることは出来るでしょうか。おそらく至難の業でしょう。

20090220_011

 映画やドラマでも喫煙シーンは出来るだけ少なく演出しているようですが、未成年の不良役がタバコを吸うというシーン、例え役者自身が本当は成年であっても未成年役の場合とか、やはり教育上の問題を考慮してのこともあります。また成年の渋い役者がタバコを吸うシーン、もし役者がタバコを吸わない人だったらどうするのでしょう。

200907150101561

 そういう場合、ネオシーダーという医薬品、見た目はタバコに似ていて、同じように火をつけて同じように煙を吸い込んで吐きます。鎮咳去痰剤(咳を鎮め痰を切る)というものですが、タバコを吸わない役者はこれを使うことが多かったそうです。

Neo_cedar1

 実際には、鎮咳去痰の目的よりも禁煙補助として有名だったものですが、ところが、これにもニコチンが含まれており、依存症状が出ることもあるということが分かって、禁煙目的に使用することはもちろん、役者が使うことにも多少なりとも危険があるため、吸わない役者は吸わない役にする、あるいはカット割りで誤魔化すというのが主流になっているそうです。


システム英単語basic システム英単語basic

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 無駄話<おいてけぼり> | トップページ | 無駄話<高い鼻> »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

愛煙家には辛い時代ですよね~
私は生まれてから一度も吸ったことがないので、ニコチンの魅力?に惑わされたことも
ないんですが、高校時代、コーラが止められなくなりましたよ。あれも依存性がありますね。
夜中でも自販機に走りました(笑)
今は、もっぱらお茶です。

かおりんさん、私は前歴が日本たばこ社員ですが、たばこは吸いません、でも工場では匂いや粉塵をかなり吸ったと思いますが今のところ異状はありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無駄話<おいてけぼり> | トップページ | 無駄話<高い鼻> »