« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 無駄話<風薫る> »

2010年5月 8日 (土)

無駄話<冬眠>

 先日、連休最後の日に高野山の町、高野町の山へわらび取りに行きました。今年は春の天候不順の影響でまだ出盛りではないようですが、人よりも猪がわらびの根を掘りにきて穴ぼこだらけでした。

Img_423773_42413179_01
 イノシシの荒し跡
Cdddff89d2aad42ccf5d861dc13a69a41

 収穫はほんの2~3束で引き上げる途中、行きには気付かなかった「熊出没注意」の看板がありました。「春眠暁を覚えず」と言っても、もう冬眠から覚めているのでしょう。猪に出会うかも知れないのは覚悟していましたが、熊となるとちょっと怯え早々と山を出ました。

Bab028071

 熊の身体は初冬には冬眠の準備にかかり、寒くなって餌が見つからなくなると身体に変化が起こるそうです、はじめはまだ腸が働いているので羊歯など固い餌を齧っているのですが、そのうち胃で消化されない固い餌が腸に入ると、それが栓のようになって腸が働かなくなるそうです。

 半月くらいはうつらうつらとしていて、時々目覚めてオシッコをします。そのうち腎臓も腸も動きを止め、呼吸や心臓もゆっくりとなり完全に眠ってしまうそうです。

 こういうところで冬眠
200612081

 雌熊は2年に一度くらい冬眠中に平均2匹の子熊を出産するそうです。子熊は400gぐらいで、母熊は半分眠ったまま授乳をし、子熊の身体をなめたりして愛情をそそぎ、暖かくなるまで、飲まず食わずで子育てし、虐待死させるようなことはないそうで、人間の鑑としなければならないくらいです。



システム英単語 Ver.2 Book システム英単語 Ver.2

著者:刀祢 雅彦,霜 康司
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 無駄話<風薫る> »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ワラビ狩り熊や猪がいるのですね、
猪は土の中にある、好物を見つけるのが
上手で畑や日の端も掘り返しますね、
熊や猪にはくれぐれもご注意ください。

こんにちは

サクラが散って山形は新緑が美しくなってきました。
たらの芽・こしあぶらなど山の物が店にならびはじめました。
今日、ワラビが一束400円で出ていましたが
採りに行くことを考えたら・・・
とっても安いですよね~

こちらではワラビを採っていると
蛇に出会うことがよくあるようですよ。


蛇も猪も熊も苦手なので
山菜取りは本格的にやったことがないのですが
旬のものは美味しいですよね。

山ちゃんさん、猪の掘り返しはすごいです、ワラビや葛の根のある山ではユンボで掘り返したかと思うような穴ぼこだらけです。

よつばさがしさん、山形も新緑の季節ですか、春の始まりは遅いようですが始まると進行が早いですね、わらび一束400円はびっくりですが、採る苦労から言えばそんなものでしょうか。

こんばんは♪
イノシシは長崎にもいますがクマはさすがにいません
九州にいるんでしょうか?
さすが本州ですね
ツキノワグマでしょうか
(他に知りません)

エフさん、私もまだ熊を直接見たことはないのですが、山歩きをすると、「熊出没注意」の看板はよく見かけます。たぶんツキノワグマだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 無駄話<風薫る> »