« 無駄話<中元> | トップページ | 無駄話<鳴き声> »

2010年6月17日 (木)

無駄話<奇兵隊>

 今月8日、菅内閣組閣のニュースで出て来た「奇兵隊」という文字を見て、一瞬、「騎兵隊」の誤字ではないのかと思われた方もあったと思います。今回首相が言っているのは長州奇兵隊で、他に会津戦争のとき、会津藩が維新政府に抵抗するためにつくった部隊と、西南戦争で西郷隆盛軍が組織した部隊があります。どれも歴史の変革時に現れ、表舞台にでることなく消えていったようです。

 奇兵隊
Kihei211

 山口県(長州)出身の菅直人首相は、今月8日に組閣した新内閣を「奇兵隊」と名づけましたが、奇兵隊というのは、幕末長州藩の正規軍は役に立たないと、高杉晋作が農民や町民から有志を募り組織した軍隊です。「自分達が歴史を変える」というエネルギーが無類の強さとなり、第2次長州征伐や戊辰戦争を勝利に導いたことにあやかろうということでしょう。

 菅内閣
Pn2010060801000922ci00031

 菅首相は、「自民党は役に立たない、自分達が歴史を変える」という意気込みのようです。しかし、あまり知られていないようですが、騎兵隊は明治になると、表に出ることなく、山形有朋ら幹部の一部、要領よくまわった者以外は明治新政府に抹殺されたのです。旧幕府軍との戦いが終わると、奇兵隊は解散を命じられ、反発した隊士の一部は山口で脱退騒動をおこしたのですが、木戸孝充(桂小五郎)らかっての同士に鎮圧され、首謀者の大部分は処刑されたのです。

 山形有朋銅像
Qdx3shvp6fwlo01
 木戸孝充
Kidotakayosi1

 菅首相はこうした奇兵隊の結末を知っていて名付けたのでしょうか、歴史は繰り返すと言います。国民の民意を見誤ると奇兵隊と同じ運命を辿る危うさが感じられます。



システム英単語 Ver.2 Book システム英単語 Ver.2

著者:刀祢 雅彦,霜 康司
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 無駄話<中元> | トップページ | 無駄話<鳴き声> »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あまりに度々総理が代わり過ぎると、
子供たちにも説明がつきません。
「ニュースのじかんです。はとやまそうりが・・・(^O^)」と
真似していたんですが・・・
管総理の奇兵隊、どんな結末が待ち受けているのでしょう。


奇兵隊の末路は悲惨だったのですね。
志に燃えていただろうに、
時代の変化に取り残されて消えていった
一途な若者たち。
会津の白虎隊を思い出しました。
時代は繰り返す・・・
一途な思いはいいですが、しっかりとした政治理念で
政治革新をして貰いたいと思います。

かおりんさん、当番制のような総理の回り持ちには失望するばかりです。奇兵隊にもあまり期待は持てません。

いしころとまとさん、今の時代、一途な想いの政治家なんて居ない気がします。純真な理想を抱いて初当選した若い議員も、一期の間には金と権力に執着した政治屋の世界に染まってしまうようです。悲しい空しい現実です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無駄話<中元> | トップページ | 無駄話<鳴き声> »