« 無駄話<気圧と気分> | トップページ | 無駄話<ビキニ> »

2010年7月 4日 (日)

無駄話<サマージャンボ>

 7月7日、七夕の日から「サマージャンボ宝くじ(第587回全国自治宝くじ)」が売り出され、8月10日の抽選で億万長者が132人(1等2億円が33人、2等1億円が99人)誕生するそうです。この宝くじの発売元は全国都道府県ということになっていますが、実質の業務を担当しているのは財団法人日本宝くじ協会だそうで、ここも仕分けの対象になっていたようですが、結果どうなったのか参議院選挙で立ち消え状態のようです。

20071116202916_101

 この宝くじも賭博じゃないのでしょうか、宝くじは子供にも売られているのか、スポーツ紙に「小学生が1000万円当てる」なんていう記事が載ったことがありました。競馬、競艇、競輪、等は20歳以下、学生には購入制限がありますが、宝くじは子供でも買えるのでしょうか。

 実は法律的にはなんら問題ないそうです。宝くじはギャンブルとみなされておらず、販売する地方自治体に、その責任は一切任されているそうです。

 中には教育上の問題で未成年者には売らない、明らかに子供と分かる人には親子同伴以外は売らない、といったところもあるようですが、年齢制限はないに等しいそうです。

 親子同伴
E0135351_65543641

 「食中毒が多い梅雨の時期、宝くじを一枚買ってお守りに持っておれば、安心」なんて言われている宝くじ、一回に億万長者が132人なんて聞くと、返っていんちき臭く、不信感を持って終います。それでも庶民にとっては抽選日までは持てる夢の誘惑には勝てない弱さに付け込み、虚ろに近い夢を売って儲ける胴元(財団法人日本宝くじ協会)に、もし不正や無駄があったら許せません。参院選挙後の政府にはしっかり仕分けと監督を実行してもらいたいです。

 女仕分け人
Img_946233_51348954_11



システム英単語ver.2 システム英単語ver.2

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する



« 無駄話<気圧と気分> | トップページ | 無駄話<ビキニ> »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無駄話<気圧と気分> | トップページ | 無駄話<ビキニ> »