« 無駄話<サラダ記念日> | トップページ | 庭に咲く花 »

2010年7月 7日 (水)

無駄話<七夕>

 今日は七夕、七夕の由来は幾つかあり、現代の各地に残る行事もそれらが組み合わさって行われているようです。

Tanabata0161m1 

 旧暦のお盆、7月15日の夜に戻って来る祖先の霊に着せる衣服を機織して棚に置いて祖先を待つ習慣があり、棚に機で織った衣服を供えることから「棚機(たなばた)」という言葉が生まれたというのも一説。

003_p1

 その後仏教が伝来すると、7月15日は仏教上の行事「盂蘭盆(盆)」となり、棚機は盆の準備をする日ということになって7月7日に繰り上げられたそうです。

 これに中国から伝わった織女・牽牛の伝説が結び附けられ、天の川を隔てた織姫(織女星、こと座のベガ)と彦星(牽牛星、わし座のアルタイル)が年に一度の再会を許される日とされました。この伝説は現代人の感覚にも通じるなかなかの傑作です。

Legend11

 互いに想いこがれる二人なのに、なぜ年に一度の再開しか許されなくなったかというと、こと座の1等星ベガは、中国・日本の七夕伝説では織姫星(織女星)として知られています。織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であったそうです。夏彦星(彦星、牽牛星)は、わし座のアルタイルです。夏彦もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めたのです。

 めでたく夫婦となったが夫婦生活が楽し過ぎて、織姫は機を織らなくなり、夏彦は牛を追わなくなったのです。このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができたのです。

97888ad4938782cc93v82cc90ec1

 しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名があります。また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。天帝には、新婚の二人をもう少し大目にみてやって欲しかった気がします。

 新京劇「天の川」より
8f107e018433a3213e1ell1

 この伝説は中国の古典劇、京劇で「天河配」としても演じられますが、その内容は牛飼いの牛郎(牽牛)が水浴びをしていた天女の一人である織女の衣を盗んで(脅迫したのかな?)夫婦となるが、やがて織女は天界に帰り、牛郎は織女を追って天界に昇るものの、織女の母である西王によって天の川の東西に引き裂かれるという話になっており、日本の羽衣伝説のようなストーリーになっています。



システム英単語 Ver.2 Book システム英単語 Ver.2

著者:刀祢 雅彦,霜 康司
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 無駄話<サラダ記念日> | トップページ | 庭に咲く花 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今日は曇りで、天の川はみえそうもありません。
7月7日は梅雨の最中。
毎年洪水が多くって
織り姫は彦星に会えない事の方が多いかもしれません。
ハネムーンにいって、そのまま月で新婚生活送った方が良かったかもしれませんね。

いしころとまとさん、こちらも天の川は見えませんでした。連日の雨で濁流になっていることでしょう。相思相愛なのに川を隔てているくらいで会えないなんて現実的な若者からみれば馬鹿げているでしょうが、こいうロマンも分かる心情を持ってほしいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無駄話<サラダ記念日> | トップページ | 庭に咲く花 »