« 庭に咲く花 | トップページ | 無駄話<サマージャンボ> »

2010年7月 3日 (土)

無駄話<気圧と気分>

 梅雨だからと覚悟はしていても、雨の日が続くと気分が落ち込んだり、いらいらしたりしますが、これは鬱陶しい視界による精神的ばかりでなく、気圧と生理の関係によるものだそうです。

Imagescaia0ql4 

 雨が降るのは気圧の低いときですが、気圧が低くなると空気が薄くなり、酸素量が減り、酸素不足になると憂鬱になったりいらいらしたりするのだそうです。心拍数も少なくなり気分が沈静化してしまい内向的になるのだそうです。喘息やリューマチの持病を持つ人は発症することもあるそうです。

Imagescacgpugd

 逆に高気圧が張り出して晴れると、空気中の酸素量が多くなり、体内に取り入れられる酸素量も増えるので、青空を見る視覚からだけでなく、気分は高揚します。

1971

 「雨上がりの商談はうまくいく」と言います。迷信のようですが、気圧と人間の心理の密接な関わりを利用した科学的ビジネスといえるでしょう。雨降り真っ最中、相手が憂鬱な気分のときよりも、雨が上がって気分一新のときのほうが、いい返事を期待できるのは当然でしょう。

    高気圧の日に
E0137591_32316861

 商ビジネスのみならず、人間関係、対話のシーンは気象情報を見てアポをとるべきでしょう。それを知って過去を振り返ると、「そういえばあのときあの話が纏まらなかった日は、じめじめと降り続く雨の中、気遅れしながらで向いたのだった」というような経験が、誰でもあると思います。当分は事を焦らず梅雨明けを待ちましょう。



システム英単語 Ver.2 Book システム英単語 Ver.2

著者:刀祢 雅彦,霜 康司
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 庭に咲く花 | トップページ | 無駄話<サマージャンボ> »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

梅雨とはいえ毎日うっとうしい日が続き
雨が止み梅雨の中休みがあるとホットします、
やはり人間にとって天気の日「高気圧の日」が快適です、ほどほどの梅雨で終わってほしいものです。

こちらも毎日どよ~~んとした
天気が続いてます。
昔母が
御飯食べる前に、旦那に文句は言わない方がいい。
御飯を食べてお腹いっぱいの時に
切り出した方が話し合いができるからね。
といわれた言葉を思い出しました。
この場合は・・・空腹時を避ける!!ですが。。。

こんばんは♪
やっぱりそうだったんですね
晴れると頭がすっきりするのはちゃんとした理由があったんですね~
そう聞くと重たい頭が少し軽くなりました

山ちゃんさん、こちら今日午後は久し振りに青空が見えました、鬱憤が晴れた気分ですが、梅雨明けまではまだ随分長そうです。

いしころとまとさん、確かに空腹時はいらいらしますね、文句を言うのは梅雨明けの満腹時まで保留しておきます。

エフさん、高気圧のほうが頭や身体にかかる圧力が強くて、しんどいような気がしますが、逆なんですね。

kazutyanさん!そうなんです。
喘息持ちの私は、この時期が一番しんどいです。
ウェザーニュースで「低気圧・喘息注意」を
お知らせしてくれるメールを登録しているんですが、最近は毎日送られてきます。
早く梅雨明けしてほしいものです!

かおりんさん、ウェザーニュースに「低気圧・喘息注意」があるのをはじめて知りました。無病でも嫌な梅雨、持病があると辛いことでしょう、でも「一病息災」とも言われます。無理をしないで梅雨明けを待ちましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 庭に咲く花 | トップページ | 無駄話<サマージャンボ> »