« 庭に咲く花 | トップページ | 無駄話<カラスの知恵> »

2010年8月28日 (土)

無駄話<夏>

 余りにも続いた猛暑に、脳味噌まで発酵し過ぎておかしくなったようです。このままもう涼しくはならないのではないかと不安になったり、いっそこのまま暦の冬が巡ってくれば、「暖かい冬だ、暖房が要らず、軽装で居られて動きやすく、家計も助かる」 「夏野菜も作れるかも知れない、植えてみようか」、なんてことにはならないですよね。

Aug01_m251

 この暑い暑い夏、夏とはいつからいつまでを夏というのか、夏の定義はどうなっているのでしょう。夏の定義はいろいろあるようですが、どれも暦の上の期間による定義で、人間が肌で感じる夏である気温を基準にして、最高温度または最低温度が何度以上が続く間というような定義はありません。

12759247071

◎日本では社会通念上や気象学では、6月・7月・8月を夏といい、この期間の平均気温により、暑い夏とか冷夏とかいいます。

◎旧暦二十四節気に基づく場合は立夏から立秋の前日までを夏といいます。

◎旧暦の月では4月・5月・6月が夏だそうですが、これは実感とのずれは大きいです。

◎英語圏では7月・8月・9月の3ヶ月をsummer quarter と呼ぶそうです。

◎亜天文学上の夏は夏至から秋分までですが、ここでの「夏至」「秋分」は、「夏至の日」「秋分の日」ではなく太陽黄経が90・180°になった瞬間のことです。

 黄経90°夏至
Timage0041

◎西洋では伝統的に、夏至(の日)から秋分(の日)の前日までとしているようです。

◎高緯度や高山などの寒帯に近い地域では雪解け後のごく短い期間を夏と呼ぶことがあります。

◎低緯度の熱帯気候では「1年中が夏」と表現されることがあり、その意味で「常夏(とこなつ)」という語があります。

 常夏の国
166398_6426w3501_2

◎夏を細かく分けた呼びかたで、三夏というのがあります。
  
初夏(立夏→芒種前日)、孟夏ともいいます。
  仲夏(芒種→小暑前日)
  晩夏(小暑→立秋前日)、季夏ともいいます。



システム英単語 Ver.2 Book システム英単語 Ver.2

著者:刀祢 雅彦,霜 康司
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 庭に咲く花 | トップページ | 無駄話<カラスの知恵> »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

我が家のみそもしっかりと発酵して
もう少しで食べられそうです(笑)

こう暑いと、やっぱり日本は四季があっていいな、とつくづく思います。
私は秋が昔嫌いだったのですが、
なぜかっというと
冬の寒さが苦手だからなんですが
ここ数年は嫌だと思うほどの寒さから
遠ざかっているようです。
今年の冬もたぶん暖冬なんでしょうね。。。

いしころとまとさん、味噌はよく発酵したほうが美味しくなるのでしょう。脳味噌が発酵すれば熱中症、命に関わります。私はもともと夏が好きなのですが、今年の夏は超夏過ぎて私もたじたじです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 庭に咲く花 | トップページ | 無駄話<カラスの知恵> »