« 無駄話<暑気払い> | トップページ | 庭に咲く花 »

2010年8月24日 (火)

無駄話<後の祭り>

 22日のこと、知り合いが離れて住む息子一家と墓参りらしい様子、私はちょっと怪訝な顔をしたかも知れない。すると「息子一家が、婆さんの初盆やのに、盆休み中海外旅行に行っていて、今日になって墓参りに来たんや、遅すぎる、後の祭りや」と怒って言いました。「まだ地蔵盆の前で盆の内やから、忘れて来ないよりはええやないか」となだめておきました。

 「後の祭り」といえば、時機を逃して意味がないこと、手遅れなこと。「今さら悔やんでも後の祭りだ!」、という具合に使いますが、「祭りの後」といわず、「後の祭り」というのは、そう呼ばれる祭りがあるのでしょうか。

 日本三大祭の一つに挙げられる京都、八坂神社の祇園祭。7月に約1ヶ月にわたる祭りの中でも一番盛り上がるのが17日の山鉾巡行です、豪華に飾られた山や鉾と呼ばれる山車が繰り出す、これが「前の祭り」、一方24日に行われていた山車を神社へ返す行事が「後の祭り」と呼ばれ、前の祭りと違って豪華な飾りはなく地味なもの。そこから手遅れで意味のないことを「後の祭り」という説があります。

 祇園祭山鉾巡行(前の祭り)
2591

 現在は後の祭りも山鉾巡行と同じ17日に行われ、24日には山鉾の古い形態を再現する「花傘巡行」が行われており、華やかなイベントとなっています。

 後の祭り
Img_1510557_60084737_01

 花傘巡行
F10008091  

 別の説として、祭り=葬式や法事のことで、人が亡くなった後の祭りはどんなに盛大にしても意味がないから、という語源説もあります。この頃は葬式も家族葬が増え、祭壇や僧侶の人数など、無意味な「後の祭り」には費用をかけない風潮になりつつあるようです。親は亡くなってから盛大に葬式をして貰うより、生き仏のうちの孝行して貰うのが嬉しいものです。


システム英単語 Ver.2 Book システム英単語 Ver.2

著者:刀祢 雅彦,霜 康司
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 無駄話<暑気払い> | トップページ | 庭に咲く花 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お早うございます。そうだったんですね。語源は祇園祭でしたか!教えて頂いて有り難うです。ひばりちゃんの♪♪「お祭りマンボ」歌詞がお祭り好きのおじさんは夢中の果てに火事になり、隣のおばさんはへそくり盗られて「後の祭り」・・・。さあ、CD聴きながら出かけましょう。ホンニ息子達や、今の内に孝行だよ~ん(o^-^o)。。。

チョロピコさん、受け売り話にお礼を言っていただいては恐縮です。お祭りも気分的暑気払いのひとつですが、この暑さではお祭り騒ぎの後はきつい夏ばてになりそうです。

後の祭り・・・があったとは!
疑問を持つ事って大切ですよね。
友人が親の家の整理をしていて、一番コマッタのがお仏壇だそうです。
お仏壇って引き取ってくれるところがないそう。
友人はしょうがないので、自分の力でお仏壇を解体したそうです。
かなり大変だったそうですよ♪

先日、TVで勝海舟の最後の言葉は「これでお終い」といってました・・。
なんだか、「お終い」という言葉が耳に残って・・。
「片付けなさい」ということを「「しまいなさい」といったりしますよね・・。
「もうお終いにしなさい」という意味かも???
な~んて、ひとり物思いにふけっておりましたぁ~。

いしころとまとさん、私も「後の祭り」という祭りがあるとは思わなかったです。「祭りの後」の意味と思っていました。今は親子別所帯が多く、親が居なくなった後、仏壇に限らず家の後始末が問題になっているようでうす、それを引き受ける業者もあるそうです。

cocoさん、こちらでは私の子供の頃は「お終い」は夜の挨拶でした。他家を訪問したときも、帰るときも、挨拶は「お終い」でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無駄話<暑気払い> | トップページ | 庭に咲く花 »