« 無駄話<冷や水> | トップページ | 無駄話<ハシの日> »

2010年8月 2日 (月)

無駄話<葉月>

 早や葉月に入りました。葉といえば花や実のとっては母のような存在、華やかに咲く花や実を育て、じっと陰で支え続けます。その木々の葉が緑濃く繁る時季だから「葉の月」「葉月」かと思ったら、旧暦八月は新暦では9月上旬から10月上旬にあたるため、葉の落ちる月、「葉落ち月」が転じて「葉月」になったという説があるそうです。

 マタタビの葉
066_100612

 北方から初めて雁が渡ってくる月なので、「初来月」が「初月」から「葉月」になったとか、稲の穂が張る月で「穂張り月」「張り月」から「葉月」になったという説とかもあります。なかでは「葉落ち月」が有力のようですが、でも時季的にも「葉落ち月」なら10~11月であり、漢字がそのまま残らず、当て字の場合もあるので、正確な語源ははっきりしません。

18031711

 何にしても新暦8月は葉蔭も暑い葉月で、暑さで葉が萎れて落ちそうになっている木はあります。花を咲かせ実を結び、葉の付け根には来春に伸びる芽のもとまで完成させる大事な働きを終えて、紅葉して有終の美を飾り、葉の生涯を終える「葉月」ということなら旧暦にしても約一月は早い気がします。

P_11



システム英単語ver.2 システム英単語ver.2

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 無駄話<冷や水> | トップページ | 無駄話<ハシの日> »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

旧暦の月名はどれも響きがステキ。漢字って余韻まであるから不思議ですね。「葉っぱ」が好きな私の愛読書の一つが「葉っぱのフレディ」。4才の孫(女の子)一家が9月に帰国とのメール。目下ご本人はディズニーやらアンパンマンやらに夢中ですが、ばぁばとしてはこの本を紙芝居風に読み聞かせたいとお絵かきに夢中!只今準備進行中でございますことよ(o^-^o)。

葉月も旧暦から来ているのですね、
葉の落ちる月を葉月とは知りませんでした。

葉が緑濃く茂る季節だから・・・
と思っていました!
葉が落ちる季節ですか。
旧暦と新暦ではずいぶん季節感が変わりますね。
それにしてもあっという間です。
すぐに葉が落ちる季節も来ちゃいそうです~
大変!夏らしいことをせにゃあかん!と
焦ってしまいます(笑)

4歳のお孫さん、可愛い盛りですね、それもお久し振りに会われるのでしょうから、「葉月なんか早くどっかへ行ってしまえ」ですね。
孫のの帰国を待ちながら「葉っぱのフレディ」を紙芝居風に創られているばぁばのこと、これもほのぼのとした物語です。

山ちゃんさん、8月が葉の落ちる月とはどうみてもずれてますよね、旧暦として一月遅らせて9月でもまだ早すぎます。

かおりんさん、新暦に対する旧暦の遅れを考えても「葉が緑濃く繁る月」ならまだ季節感が合いますが、「葉が落ちる月」なら2ヶ月以上早いです。旧暦の月呼称を新暦に当てはめるのは無理なんですね。

8月は、
バラの時期が終わって
庭はほとんど葉っぱの状態になります。
反対にみどりが美しい庭になるんですね。
でもバラは葉っぱを落としてしまい
ひどいとひどいハダカ状態。
旧暦の9月となると、夏の暑さの勢いが終わって
畑でも秋野菜が芽吹いて新芽がいっぱいでて来る頃なのかもしれません。
葉月は、葉付き・・・のような気がしますね。

いしころとまとさん、「葉付き」いい新解釈ですね、9月は「葉落ち」の前のひとしきり緑増す季節ですよね、8月「葉月」という呼称はかなりずれているように思えます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無駄話<冷や水> | トップページ | 無駄話<ハシの日> »