« 無駄話<お盆> | トップページ | 無駄話<ムカデ> »

2010年8月16日 (月)

庭に咲く花

 サルスベリ(百日紅)、
062_080806
063_080806

 ミソハギ科サルスベリ(百日紅)、夾竹桃と共に夏の真っ盛りに暑さ大好きと咲きます。木肌がつるつるで猿でも滑り落ちそうというところから「サルスベリ」と名が付いたようですが、花期が長いところから漢字では「百日紅」と呼ばれます。

 この花にまつわる中国の伝説で、恋人と百日後に逢うことを約束した乙女が、約束の百日目の直前に他界、その死んだ日の後に咲いたという花ともいわれます。日本では元禄時代の園芸書「花譜」に、「紅花が100日間咲く」と説明があったので、「百日紅(ひゃくじつこう)」、また、木の肌が裸のようでくすぐりたくなるようなので「クスグリノキ」という別名もあります。



システム英単語ver.2 システム英単語ver.2

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 無駄話<お盆> | トップページ | 無駄話<ムカデ> »

花つくり」カテゴリの記事

コメント

もう百日紅の時期ですか。
切ない伝説もあるんですね~。
暑さにも負けず、迫力ある咲き方をするのは、
死んでしまった乙女への想いがあふれんばかり
だからなのかもしれませんね。
ここに来ると、花の伝説や由来なども知ることが出来ますが、次に花を見る時、違った見方が出来ますね♪いつもありがとうございます(*^_^*)

お盆のUターンでこの時間、どこも大変な渋滞の様子ですね。昨日はうだった中での墓参り。舅、姑のお墓にはくねくねの幹もすべすべ肌も勢いよく、ちょっと撫で撫で(*^-^)。梢の枝や葉が揺れ動き、白い百日紅の花が咲き乱れていました。 咲き競っている夏の花はすんなり秋の花へとバトンタッチ出来るでしょうか?!百日紅にとって今がおらの天下なんでしょうね、きっと!!!   

こちらでも今サルスベリの花が咲いています、
木肌がツルツルでサルスベリは判りますが
花期が長いので「百日紅」とは知りませんでした。100日も花が咲くとは、これも凄いですなー

かおりんさん、百日紅は冬に剪定で小枝を全部切ってしまっても、春から伸びた新梢に全部花が付きますね、本当に情熱を感じさせる花です。

サルスベリの花、今年は満開です。
濃いピンクで、花びらがこぼれ落ちてきてますが
それも、夏の雪のようで、キレイです

チョロピコさん、お墓は日当たりがよいところが多いです。暑かったことでしょう。白い百日紅は珍しいですね、百日白の木陰で休めましたか、サルスベリは暑いのが大好きのようです。

山ちゃんさん、百日はちょっと大げさかも知れませんが,花期が長いことは長いです。

いしころとまとさん、サルスベリも品種が増えましたね、最近草花のような矮性の品種も植えられているのを見かけます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無駄話<お盆> | トップページ | 無駄話<ムカデ> »

最近のトラックバック