« 庭に咲く花 | トップページ | 無駄話<絆> »

2010年8月 8日 (日)

無駄話<心頭滅却>

 暑いです、とにかく暑いです。早起きして午前の前半くらいはなんとか菜園の草むしりなど、汗を流しながらでも出来ますが、それを過ぎ午後は何もする気になりません。

 かんかん照り
Kumo0803thumb1

 「心頭滅却すれば火もまた涼し」、なんて心境になるのは俗人には無理です。いっそ熱中症にでもなって「心頭滅亡」でもすれば暑さも分からなくなるでしょうが、まだそうはなりたくありません。

 火もまた涼し
100630matomelesetsu1

 「心頭滅却すれば火もまた涼し」、こう言った人も実際は涼しくはなく、(やせ我慢をしながら)焼け死んだそうです。そう言った人とは、「快川紹喜(かいせんじょうき)」という禅宗のお坊さんです。時は戦国時代、甲斐国(山梨県)の禅寺の住職で、武田信玄亡き後、織田信長の軍勢が攻めてきたとき、武田側の軍勢をかくまったため、織田勢の焼き討ちにあったそうです。

 信玄と快川紹喜
005_01_81

 その時この住職が、死を悟った辞世の句として「安禅必ずしも山水を用いず(禅の修行を行うのに場所は関係ない)、心頭滅却すれば火も自ら涼し」と言って、そのまま焼け死んだのだそうです。

Images11

 死を前にして、ひたすら求道の姿勢を取り、一点の曇りもない心境を表わした言葉だったのです。暑い寒いの問題ではないのです。煩悩に右往左往している私にはこの境地は理解できるものではありませんが、自分の命を投げうつ程の覚悟がないなら、本来は軽々しく使う言葉ではないようです。

 今日はもう暦の上では秋の始まりです、異常気象の残暑は厳しく長いかも知れませんが、俗人は喉越しのいいものをしっかり食べて、クーラーのお世話になり、もうしばらく頑張りましょう。いくら暑くても、こまめに水を飲んでおれば、熱中症で命を落とすこともないでしょう。



システム英単語ver.2 システム英単語ver.2

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 庭に咲く花 | トップページ | 無駄話<絆> »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「心頭滅亡」の件は可笑しいですねtv四文字熟語「頂きましたぁ」^-^。。。この歳になっても知らない言葉があり過ぎて、いつもお訪ねする時が楽しみです。心頭でも怒り心頭~で頭から湯気を立てるシーンとは無縁で、夏バテもせず有り難い事ですが、元々感度のネジが緩いのかも。まだまだ日中は灼熱!効果音は蝉しぐれ!くれぐれも熱疲労を溜めないようご自愛下さいませ。

チョロピコさん、暑さだけでなく、今の世の中少し感度を下げないと過ごせないことが多いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 庭に咲く花 | トップページ | 無駄話<絆> »