« 無駄話<ビタミンC> | トップページ | 無駄話<テロ> »

2010年9月 9日 (木)

無駄話<重陽の節句>

 3月3日「雛祭・桃の節句・女の子の節句」や、5月5日「端午の節句・男の子の節句」のように一般的ではないですが、今日9月9日は1月7日「人日の節句」、7月7日「七夕」を含めて5節句の一つ、「重陽の節句(ちょうようの節句)」、「菊の節句」、ともいわれます。

Cad15f67af554bd09a0942974c6829bd1

 「重陽の節句」の起源は、ほかの節句と同様古来中国ににあります。中国では、奇数は縁起のよい陽の数とされ、一番大きな陽の数である九が重なる9月9日を、「重陽」として節句のひとつとしてきたのだそうです。

 中国ではこの日、茱萸(グミ)の実を袋に入れて丘や山に登ったり、菊の香りを移した菊酒を飲んだりして邪気を払い長命を願うという風習があったそうです。これが日本に伝わり、平安時代には「重陽の節会(ちょうようのせちえ)」として宮中の行事となり、江戸時代には武家の祝日になっていました。

080916_20kikuzake_garasukoppuimg_37

 その後明治時代までは庶民のあいだでもさまざまな行事が行われていたといいますが、今では私たちの日常生活とは縁遠くなり忘れ去られそうです。

 旧暦の9月9日というと新暦では10月にあたり、ちょうど田畑の収穫も行われる頃、農山村や庶民の間では栗の節句とも呼ばれて栗ご飯などで節句を祝ったということです。

 栗ご飯
Imagesca60seco

盛んに行われていた重陽の節句が、現代に引き継がれていないのは、旧暦から新暦にこよみが移り、まだ菊が盛んに咲く時期ではなくなってしまったことが大きいのかもしれません。



システム英単語 Ver.2 Book システム英単語 Ver.2

著者:刀祢 雅彦,霜 康司
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 無駄話<ビタミンC> | トップページ | 無駄話<テロ> »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昔の行事などが忘れられてしまうのは
ほんと寂しいことですよね。
と、思いつつ、kazutyanさんのブログを見て、
ハッ!!重陽の節句、今日だった~!!
栗ご飯にしようと思います。
思い出させて頂き、ありがとうございます♪

昔は菊の酒、菊の露、菊の枕なんて不老長寿の効用があるとてその薬用にあやかる養老の節供は盛んだったのに、今では五節句の中で一番影が薄いですね。「菊」という時は散らばった米を1カ所に集めるという意味があるそうですが、女性や子供が楽しみに待つ他のお節供と違って、ちょっぴり盛り上がらないのは~~淋しい事です。やっぱり女性や子供達に人気がないとね。着飾ることもないし・・・。今宵は一輪の小菊を食卓に、新米でメーンはサンマの塩焼き(*^-^)冷酒といきましょうか。

今日9月9日、お節句とは知りませんでした、
味の味覚ひとつ栗御飯美味しそうです、
我が家ではサツマイモを収穫してみました。

かおりんさん、廃っていく伝統行事は多いです。栗の皮むきは手間がかかるけど、栗ご飯は美味しいですよね。

チョロピコさん、「一輪の小菊を食卓に、新米でメーンはサンマの塩焼き(*^-^)冷酒」役者が揃ったというところですが、今年はサンマのギャラが高くつきます。

山ちゃんさん、今年は天気続きでサツマイモの出来はよいでしょう。「九里よりうまい十三里」とかいって、栗よりうまいサツマイモでしょう。

菊の節句、栗の節句
思い出しました。
菊は体の余分な熱や水分を取り除いてくれるので
薬膳的には風邪に掛かったときに大変好い食材
栗は滋養強壮、冬に向かってリスのように
体にいっぱい食べたい食材ですよね。
栗御飯、かおりん本当に作るのかな?フフフ

いしころとまとさん、思い出さないとそのまま過ぎてしまう節句ですね、菊にそういう作用があるということは、金時草も菊科ですから同じでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無駄話<ビタミンC> | トップページ | 無駄話<テロ> »