« 無駄話<アウトレットモール> | トップページ | 無駄話<シートベルト> »

2010年10月 7日 (木)

無駄話<防犯カメラ>

 最近、田舎の商店街やスーパー、駐車場でも、どこからかジーと見られているような視線を感じることがあります。それは防犯カメラです。出来るだけ目立たない場所に設置されているようですが、気になって探すとすぐ目につきます。別に悪いことをする気はないのですが、監視されているというのは嫌なものです。でも犯罪や事件の証拠としては時間まで特定できる決定的ものであり、容認するほかないでしょう。

 新幹線改札口
200903071103551

 しかし思うのですが、事件があって防犯カメラ映像がテレビや新聞で報道された場合、素人目にはあれで人物や服装が特定できるのかと思うくらい画質が悪くて、冤罪を起こしはしないかと思うような画像があります。専門家の解析に頼るところが多いようです。テレビではハイビジョン映像さえ見れる時代、もう少しはっきりした映像を記録できないものでしょうか。

 駐車場監視
126482851325816411220_cimg1170_2010

 重要な証拠とするものでありながら、その割には画質が悪いのは何故でしょう。まずカメラですが多数設置することが多くその費用を考慮して、多少性能の悪いビデオカメラを使用し、1台あたりの出費を抑えていることがあります。

Webclient_011

 そして記録画質については、120分テープを3倍モードで使用しても、24時間フル稼働だと1日4本。これではテープの入れ替えも面倒だし、保存も難しいです。そこで一般向けではない、タイムラプスビデオデッキを使用。120分テープに、最長960時間、40日間記録できるスグレモノを使用しています。その反面、画質が悪くなるのです。現代ではハードディスクに記録する画質のよいものも普及してきているようです。

 記録されたテープは犯罪や事件がなければ全部見るわけではなく、1ヶ月~2年ぐらい保存され、必要な部分はコピーで残した後消去されるようです。人の映像を勝手に収集している防犯カメラはプライバシーや肖像権の侵害とも言われ、浮気がばれたなんていう笑い話も聞きますが、「防犯カメラ作動中」などと書かれてある場所に入れば、それを承諾したと解釈されるそうです。



システム英単語 Ver.2 Book システム英単語 Ver.2

著者:刀祢 雅彦,霜 康司
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する


前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する




« 無駄話<アウトレットモール> | トップページ | 無駄話<シートベルト> »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ほんと、どこもかしこも防犯カメラだらけですよね。昔、パチンコ屋さんの内部に入らせて
頂いたことがあったんですが、無数のモニターに
常時防犯カメラ画像が映し出されていて、
映画みたいだな~と驚きました。

個人的には、エレベーター内の防犯カメラが
妙に気になってしまいます。

かおりんさん、そうそう特にエレベーターに一人で乗ったとき、集中的に見られているようで嫌ですね、防犯カメラが無用の長物になるような時代は夢です。

ひぇ~~~
エレベータ内に防犯カメラがあるんですか?
今まで知りませんでした。
誰もいないとき、
ストッキング直したりとか、
なんか変なことしていたかも。。。
ちょっと不安。。。

いしころとまとさん、防犯とプライベート保護は相反することが多く難しい問題ですね、やはり防犯を優先させるより仕方がないでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無駄話<アウトレットモール> | トップページ | 無駄話<シートベルト> »