« 無駄話<秋の空> | トップページ | 無駄話<雨の呼び名> »

2010年11月15日 (月)

無駄話<七五三>

 11月15日、正しくは今日が「七五三参り」の日ですが、両親の都合や天候で、11月の今日までの土曜・日曜に、神社では可愛く着飾った子供が両親に手を引かれお参りする姿をよく見かけます。子供が7歳までの両親となるとまだ夫婦としての初々しさが残っており、別居のじいちゃんばあちゃんまで親子3代揃ったほほ笑ましい風景も見ます。

753image1 

 どこの神社でも旧来のお祭り行事などは継承者の減少などで寂れていく中で、この行事は昔より盛大になっているようです。古いしきたりには否定的な若い世代でも、子供のこととなると別らしく、茶髪のの両親なども、子供・両親共にラブラブの様子でお参りしています。その親心に付け入って、神社もこの日とばかり特別祈願の祈祷を募ったり、写真館を設置したりと商売根性もちらつきます。

 この行事の由来はどうなのでしょう。男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の年の11月15日に、健やかな成長を祈って神社・仏閣にお参りする年中行事ということであり、本来は数え年に行っていたのですが、現代は満年齢で行われることが多いようです。始まりは天和元年(1681年)館林城主、徳川徳松の健康を祈って始まったという説が有力だそうです。

 11月15日というのは旧暦では、鬼宿日(鬼が出歩かない日)に当たるそうで、何事をするにも吉日とされてきましたが、現代では11月15日に拘らず、11月中の土・日に行うことが多くなっています。北海道では11月では寒い日が多くなるので、1ヶ月早める場合が多いようです。

0811151a1a1a1ao200121a1a1a1ap1

 衣装や化粧については、3歳は髪を伸ばす「髪置(かみおき)」、5歳は初めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」、7歳は、それまでの紐付きの着物に代わって、本仕立ての着物と丸帯という大人の装いをする「帯解(おびとき)・紐落(ひもおとし)」の名残りでありますが、現代では行事に正装に準じた衣装(晴れ着)で臨み、洋服の場合もありますが和服の方が多いようです。また少女(稀に少年)は、この時に初めて化粧厚化粧の場合が多い)をして貰う場合が多いようです。

 この行事は、子供の健やかな成長を願うという万人共通の親心に根ざしており、時代は変わっても廃れることなく続くことでしょう。



システム英単語ver.2 システム英単語ver.2

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 無駄話<秋の空> | トップページ | 無駄話<雨の呼び名> »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この「七五三」のお祝いはずっと続いてほしいものですね。千歳飴は長~い飴の形から命が延びるとしての縁起物、我が子の健康と長寿はチャ髪だろうと萌えママだろうと願いは同じですものね。

チョロピコさん、子を持つ親心というのは、変わったようでも余り変わっていないのですね、子供の虐待なんていうのは、マスコミが大きく取り上げるからですが、万に一つ昔もあったことでしょう。

七五三、いろんなサービスが登場して
進化してますが、やっぱり続いてほしいですね。
子供も着物を着たり、お化粧したり、千歳飴もらったりうれしい行事ですよね。
うちは、次回は来年。ちょうど7歳&5歳です。

かおりんさん、5歳3歳では記憶に残らないかも知れませんが親には思い出に残る行事ですよね、来年は楽しみですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無駄話<秋の空> | トップページ | 無駄話<雨の呼び名> »