« 無駄話<記念館> | トップページ | 無駄話<勤労感謝の日> »

2010年11月21日 (日)

無駄話<サガルマータ>

 先日和歌山県の最高峰であった護摩壇山、無名の山がそのタイトルを奪い、公募で竜神岳の名がつけられた話をしたことがありましたが、この名は山が2005年の町村合併までは美人の湯で名を知られた竜神温泉のある日高郡龍神村、現代は田辺市竜神にあり、山の名前としても相応しいということで決まったのです。

 竜神温泉 美人の湯
1218715894514_01

 世界の最高峰といえばエベレスト山ですが、この山には三つの呼び名があるそうです。チョモランマという呼び名は聞いたことがありますが、サガルマータという呼び名、あまり聞き慣れない名前です、サガルマータもまた誰もが知っている世界最高峰の山エベレストのことです。

1225everest_p1

 なぜ1つの山に3つもの名前があるのでしょう。 「エベレスト」という名前は1865年につけられた英語名あり、イギリス統治下の当時のインド測量局、それまでP15という仮名をつけて測量していた山が世界最高峰と判明した際に、前任の測量局長官George Everestの功績として敬意を表し「エベレスト」と名付けたそうです。

5b4aa0011


 ただ、それ以前から現地の人が呼んでいる名前があったのに別の名前を付けるというのは勝手な話ではあり、だから最近では現地名で呼ぶのが一般的となり、チベット語で大地の母を意味する「チョモランマ」(ChomoLangma)、ネパール語で世界の頂上を意味する「サガルマータ」(Sagarmatha)の2つが使われることが多いようです。



システム英単語 Ver.2 Book システム英単語 Ver.2

著者:刀祢 雅彦,霜 康司
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 無駄話<記念館> | トップページ | 無駄話<勤労感謝の日> »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今晩は。晩秋の竜神温泉!美人の湯で訳ありの・・・な~んてね。2時間ドラマの延長で想像はタダですもの(*^-^)。所詮役どころは長湯でピーポー救急車のお世話になるのが関の山!でも行ってみたいですね。ところでエベレストって人の名前なんですね。有り難うございます。また一つお利口になりました。ご本人は天国から自分の名前をつけられた、この世界最高峰を見下ろしてどう思っておいででしょう?!チョモランマもサガルマータもどちらも意味する処、納得で相応しいですね。

美人の湯、いいですね~
そういえば、温泉、子供が生まれてから
ゆっくりつかってないです。

エベレストに名前が3つあったとは!
チョモランマは聞いたことありましたけど、
サガルマータは初めてです。
いろんな知識をお持ちのkazutyanさんに
頭がサガルマータ。
はい、失礼致しました~

チョロピコさん、そうなんですよ訳けありの時間を過ごすにはぴったりの温泉なんです。でも温泉はあっても、残念ながら「訳」にはめぐり会えません。
私は登山は大好きですが、エベレストは憧れに過ぎません。そのうち千の風になれば一番に行ってみたいと思っています。

かおりんさんは美人の湯は必要ないでしょう。それ以上は望まないで。

世界最高峰のエベレスト山が、三つの呼び名が
あるとはオドロキです。チョモランマは私も
聞いた事があり、サガルマータは何か面白い
ネーミングです。

山ちゃんさん、国境にある山ですから、夫々の国から見れば形も違って別の山のようにも見えて、別の名前がつくのでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無駄話<記念館> | トップページ | 無駄話<勤労感謝の日> »