« 無駄話<サガルマータ> | トップページ | 無駄話<憂国忌> »

2010年11月23日 (火)

無駄話<勤労感謝の日>

 今日は「勤労感謝の日」、勤労するということは苦しいこと、辛いことです。それを感謝するとは?、ではなくて日ごろ忘れがちな、「公共のためや家族のために勤労してくれる人への感謝」であり、「元気で勤労出来ることへの感謝」と理解すれば有難いことです。

6a0120a852e71e970b0128775558cf970c8

 「勤労感謝の日」の由来は古いようですが、「勤労感謝の日」という呼び名は、国民の祝日に関する法律(祝日法)で、「勤労をたっとび、生産を祝い、国民互いに感謝しあう」ことを趣旨として、1948年昭和23年)公布・施行の祝日法で制定されたそうです。

 「勤労感謝の日」は元々は「新嘗祭」と呼ばれていた日であり、農業国である日本では古くから神々に五穀の収穫を祝う風習がありました。収穫物に感謝する大事な行事として、飛鳥時代の皇極天皇の時代に始まったそうです。

 新嘗祭
Yzceaha1

 それが第二次世界大戦後のGHQの占領政策によって天皇行事・国事行為から切り離される形で改められたものが「勤労感謝の日」なのです。

 新嘗祭は1872年明治4年)までは旧暦11月の2回目のの日に行われていたのです。1873年太陽暦グレゴリオ暦)が導入されたが、そのままでは新嘗祭が翌年1月になって都合が悪いということで、新暦11月の2回目の卯の日に行うこととしたのです。

 それが1873年では11月23日だったところから、翌
1874年からは11月23日に固定して行われるようになったそうです。11月23日という日付自体に深い意味はなく、たまたま日本が太陽暦を導入した年(1873年)の11月の2回目の卯の日が11月23日だっただけのことだそうです。



システム英単語ver.2 システム英単語ver.2

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 無駄話<サガルマータ> | トップページ | 無駄話<憂国忌> »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お早うございます。今朝の時雨はまだ止みそうもなく、やっぱり侘びしさが募ります。昨日はいい夫婦の日、kazutyanさんご夫妻は如何過ごされましたか?!今tvはなまるで「いい夫婦」本音トークを共感しながら一人アハハ、フ~ン、そうそう・・・懐かしんでおりました(*^-^)。今日は今日とて「勤労感謝の日」!周りの方に感謝!子供たちに感謝、そして自分の健康に感謝!!?

チョロピコさん、今晩は、今日も予報のような行楽日和にはなりませんでした。秋の天気は精神的影響が大きいですね。
いい夫婦、「言うは易く行うに難しです」、双方共に努力が要ります。私共夫婦は性格、食べ物の好き嫌いまですべて反対、物事の価値観だけはなんとか合っているのでやっていけるのだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無駄話<サガルマータ> | トップページ | 無駄話<憂国忌> »