« 無駄話<ミカンの日> | トップページ | 無駄話<あまのじゃく> »

2010年12月 5日 (日)

無駄話<一言主神社>

 遅ればせながら11月29日にお参りしたときの奈良葛城一言主神社の紅葉写真アップします。

2064374476_98b9087e351_3

一言主神社は、願いを一言だけ聞いてくれる「いちごんさん」として地元の人から親しまれているのはもちろん、遠方からの参拝者も多いです。祭神は、古事記や日本書紀の中に見える事代主命です。

P1030455

 雄略天皇が葛城山で狩をしている時、この神は天皇と同じ姿で現れ、天皇が「お前は何者だ」と問いかけたところ、「私は善事も悪事も一言で言い放つ神である」と申されました。天皇はひれ伏し、その後、共に狩を楽しみ、神は久米川(現曽我川)まで天皇を送って行ったという事です。

P1030449

 しかし、続日本書紀によると、雄略天皇と狩の事でいさかいを起こし、四国の土佐に流されたという事です。土佐風土記によれば、その後許されて葛城の高宮付近に祀られたと記されているそうです。

P1030450
 また、今昔物語に登場する一言主神は顔が醜くかったと伝えられ、葛城の怪人と言われた役行者は、修行のため、葛城山と吉野の金峯山の間に岩橋を架けるため、諸神を集めて、架橋工事をさせますが、一言主神は顔が醜かったため、昼は働かず夜しか働かなかったので、石橋は完成しませんでした。役行者は怒って、近くの小川のそばの大木に一言主大神を縛り付けてしまったという事が記されているそうです。

P1030451_3

 また本社境内には、神武天皇紀に記述がある土蜘蛛に関係しているとされてる蜘蛛塚があります 。

8b359031611f593bbdbd60c052d1ae671

システム英単語ver.2 システム英単語ver.2

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 無駄話<ミカンの日> | トップページ | 無駄話<あまのじゃく> »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

kazutyan こんばんは。
一言だけ、願いを聞いてくれるのでしたら
やっぱり、「願いを叶えてくれる魔法の壷をください」でしょうか。
私は善事も悪事も一言で言い放つ神である・・・
いいことも悪いことも見通すことができる
ということでしょうか?

いしころとまとさん、いい考えですね、魔法の壷はいくつでも願いをかなえてくれるのですね。
一言主の神は悪神にも善神にもなる、なかなか個性の強い神様のようです。

一言主神社の願いを一言聞いてくれるとは
夢があっていいです。年代を感じる銀杏に木も
凄い年輪を感じます。

山ちゃんさん、参拝者からほんとうに一つだけを一心に祈れば、霊験あらたかという話をよく聞きます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無駄話<ミカンの日> | トップページ | 無駄話<あまのじゃく> »