« 無駄話<賀詞> | トップページ | 無駄話<十三夜> »

2011年1月11日 (火)

無駄話<鏡開き>

 今日はもう11日、一般的には「鏡開き」という正月行事の日ということです。
正月11日には、飾ってあった鏡もちを開く鏡開きが行なわれます。元来は武家社会の風習で「二十日に鏡を祝うは、初顔祝うという」ということで、20日に行なわれてきたのですが、それが11日に行なわれるようになったのは、徳川三代将軍家光が4月20日に亡くなったので、この日を忌日として避けて11日になったといわれています。

10shou21

 正月中に重々しく飾られていた鏡もちを割るということは、大正月の終わりと、その年の仕事始めを意味し、武士は、具足櫃(ひつ)開きをし、主家の鏡もちを君臣ともども分け合って主従固めをし、商家では、蔵開きをし、農村では田打ち正月をして、一年の出発としたということです。

Dscn18331

 鏡もちは1月10日まで飾って、11日に飾りをとくと同時にもちを食べるのがしきたりであり、20日の小豆粥(あずきがゆ)に入れることもあるそうです。

P77911

 武家の風俗が始まりであっただけに、切るをきらって、包丁などの刃物で切るのは切腹を意味することから禁物で、丸餅1個分の大きさを目安に手で割るか、金づちで割り開くようにしたのです。歳神へのお供え物をいただくことによって、一年の一家一族の無事息災が約束されるという意味もあり、また食べ物をたいせつにする心がけを見ることもできます。

 我が家も今は正月行事のしきたりを守ってはいませんが、母がいた頃の我が家の場合、7日は七草粥、15日に小豆粥、20日は鏡開きでぜんざいと、きちんと守っていました。そして作った粥やぜんざいのあずきは、譲葉(ゆずりは)の葉に盛って神仏に供えていました。思えばなつかしいことです。

 譲葉(ゆずりは)
Yuzuriha31



システム英単語ver.2 システム英単語ver.2

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 無駄話<賀詞> | トップページ | 無駄話<十三夜> »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昔はひびの割れた鏡餅を金槌で割って
食べたものでしたね。
家族が見守る中、父が金槌で割るという
厳かな行事だったような
気がします。
今日、鏡餅の中をとりだして
御飯と一緒に炊きました。
これも現代版、簡単便利の
鏡びらきですね。

昔からの行事やしきたりが生活様式の
変化等で行われなくなったことが多々有ります。
二十四節気にはお百姓さんは何らかのお祭りごとをやってきたと御年寄りに聞きます。百姓の
仕事等は二十四節気に合わせて進めていたようです。

いしころとまとさん、金槌で割りましたか、すごいですね、でもあの固い餅、こんがりと焼くと、蟹の甲羅のようになり砂糖醤油をつけて食べれば美味しいです。

山ちゃんさん、昔からの行事しきたりは二十四節季に基づくものが多いですね、農仕事にも合っているようです。

こんにちは。お供えのお餅は、そう!こんがり焼いて砂糖醤油に、そして、もう少々干して一番油で揚げて(o^-^o)美味しかったですね。古い小豆は縮緬のお手玉にして。あの感触が懐かしいですね。順送りで今度はばぁばが孫に作ってあげましょう。

チョロピコさん、そうですね、固くなった餅を低温の油でゆっくり揚げると美味いですね、今は餅をあまり固くなるまで置くこともないので、味わえない味です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129786/38346819

この記事へのトラックバック一覧です: 無駄話<鏡開き>:

« 無駄話<賀詞> | トップページ | 無駄話<十三夜> »