« 無駄話<八百長> | トップページ | 無駄話<左利き> »

2011年2月 8日 (火)

無駄話<針供養>

 今日は針供養の日、針といえば先ず針仕事の縫い針、ミシン針、病気治療の注射針や鍼灸の針と、いろいろな針があります。この頃は女性の家庭でのミシン縫製の内職する人は見ても、手縫いの針仕事姿は殆ど見なくなりました。衣類は既製品を買って使い捨てで、繕うということはしなくなったからでしょうか。

472060686ae78_11

 針仕事といえば、私の子供の頃は両親共に年中野良仕事に明け暮れ、学校から帰っても家に親がいないのが普通でしたが、収穫前の初秋の農閑期だけ布団の洗濯ということで、布団のかわの縫い目の糸を切って綿から外し洗って縫い直すため、一週間くらい母が家に居るのが嬉しくて下校が楽しみだった記憶があります。その頃丁度、久保柿という小さな早生柿がぼつぼつ色づきはじめ、忙しくて取る暇のない母に採ってあげると、針仕事をしながら食べて喜んだ記憶もあります。

 話はちょっと外れましたが、今日8日は針供養の日、針供養は、一年中に使って折れたり曲がったりした針を供養し、近くの淡島神社に収める行事。関東地方は2月8日が一般的ですが、地方によって異なり、関西や九州では12月8日に行なうところもあるようです。

20061208l1

 針仕事は、昔の女性にとっては重要な仕事、だから折れた針を供養したり、普段固いものばかり刺してるからといってやわらかいコンニャクや豆腐に刺して休ませてあげたのです。そして、裁縫の上達を祈りました。豆腐やコンニャクに刺した針を海に流したり、紙に包んでおさめたりと、方法は地方によって違ったようです。明治の中頃までは家庭で盛んだったのですが、いまでは洋裁学校などで行われているそうです。

 浅草寺淡島神社
E199d7ce1858c4514712185297b6f70c1

 東京では浅草寺境内の淡島神社が有名だそうですが、本社は和歌山市加太町の淡島神社です。加太淡島神社の針供養は今日2月8日です。この神社はまた、全国から納められたお雛様や人形を供養する3月3日の雛祭(雛流し)でも有名です。

 本社加太淡島神社
Img906d5490zikczj1
 雛流し
Hina11

 男雛女雛の始まりは、淡島神社のご祭神である少彦名命と神功皇后の、男女一対のご神像であるとされています。また、雛祭りが3月3日になったのは、友ヶ島にあった神社が対岸の加太へ遷宮されたのが、仁徳天皇5年3月3日であったことからといわれ、雛祭りの語源も、スクナヒコナ祭が後に簡略化されて、ヒナまつりと言われるようになったとされています。



システム英単語 Ver.2 Book システム英単語 Ver.2

著者:刀祢 雅彦,霜 康司
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する






前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 無駄話<八百長> | トップページ | 無駄話<左利き> »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しておりました。
今日のお話は(針供養)>>>
この程(手縫いのワンちゃんの洋服屋)を
開店することになったよつばさがしには
グッドタイミングなお話です。。。

小さい頃母の針仕事をうらやましく見ていた頃の事を思い出してしまいました。

ブログは毎日更新とはいきませんが
続けたいと思っていますので
時々覘いてくださいね。


尚、お店は13日オ-プンの予定ですので
下記記載の所に一度訪問してください。


こた’s cfae
http://Kcota.web.fc2.com

よつばさがしさん、お久しぶりです、お元気でなによりです。手縫いのワンちゃんの洋服屋、センスのよいよつばさんのことですから、可愛い服が出来て、商売繁盛で忙しくなるでしょうが、作品がブログにアップされるのを楽しみにしています。

お母様、kazutyanが取ってくれた久保柿で、
疲れがどれほどとれたでしょうか。
私の大好きな「みんなが持っている母親の思い出話」心がほんと温まります。

ところで針仕事は私の一番苦手な分野。
ボタン一つつけるにも30分もかかることがあり
情けなくなります。
針供養をして貰える針たちは幸せですね。

いしころとまとさんでも苦手があるのですか、今は針仕事は主婦の仕事には入っていないのでしょう。なんといっても料理の上手な主婦は家族に幸せをもたらし、健康で円満な家庭の基本です。

ヤレヤレ今晩は。くけ台もアイロンも懐かしいですね!いしころちゃんも苦手なんでしょうか?!織り姫さんの様に機織りや裁縫が得意な友人は傍に居ますが、私もチクチクは不得手で、せっせと編み物ばかり(´д`)。でも針供養って女性の優しい心遣いですよね!昭和の良き時代、kazutyanさんも優しい坊やだったんですね!!私の母も手ぬぐいで口を覆いながら部屋中に広げた布団の打ち直しをしていた姿を思い出しました!幾つになっても母を越えられない私です・・・。

kazutyanさん、ごめんなさい。ヤレヤレ今晩は~だなんて。。。┐(´д`)┌ヤレヤレ。。このヤレヤレです。
お許し下さいね。

やれやれ、今はもうチクチクの時代ではないようですね、人間は過去はよき時代を繰り返しながら、進歩発展していくようです。

こんばんは♪
しまった・・・
また今年も針供養をするのを忘れてしまいました
カメラのフィルムケースの中にいっぱい入れてるんです
2月8日忘れないように来年はしっかり供養したいです!

エフさん、針は供養の後土中に埋められるそうですから、一年でも長く家で休ませて上げるほうが供養になるかも知れません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無駄話<八百長> | トップページ | 無駄話<左利き> »