« 無駄話<春立ちぬ> | トップページ | 無駄話<針供養> »

2011年2月 6日 (日)

無駄話<八百長>

 昨年の醜聞がまだ払拭出来かねている相撲界に、さらに重ねて醜い八百長問題、これは手に汗握る真剣勝負を見たいファンを欺く詐欺行為であり、刑法にも触れかねない犯罪ではないでしょうか。

2011020200000039jijp0000view1

 こんなことがあると過去の名力士達が残して来た名勝負にまで疑念が湧き、落胆するファンも多いのではないでしょうか。今度こそ相撲協会も伝統を傘に着ることなく、すべてを隠さずさらけ出して世間の審判を仰ぎ、すべてをご破算にして出直しをしない限り、ファンの復帰は無いでしょう。

 皮肉なことに八百長の語源由来は相撲界にあったのです。明治の初め、相撲部屋に出入りの八百屋の長兵衛という男がいて、相撲の年寄り「伊勢海五太夫」と碁仲間でした。碁の実力は長兵衛のほうが勝っていたのですが、商売上の打算からわざと負けたりして、勝負を調整し「伊勢海五太夫」のご機嫌をとっていたことが発覚し、以後勝負を話し合いで調整することを「八百長」というようになったそうです。

 八百長なんかしてません 迷惑です
Yaochou1

 でもまだこの八百屋の長兵衛の八百長は、自分の商売のためとはいえ相手には知らさず負けて、相手のご機嫌をとっていたというのは同情の余地もありそうですが、今回の相撲の八百長は話し合って貸し借りしたり、金銭に換えていた疑いもあるとは、呆れてものが言えません。

 それならいっそ、国技や公益法人の名も返上し、八百長をいかに真剣らしく見せるかの興行として、ファンもそれを承知で見る競技として出直して、ファンの支持を得て成り立つかどうかやってみてはどうでしょう。




【送料無料】システム英単語ver.2 【送料無料】システム英単語ver.2

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する



 

« 無駄話<春立ちぬ> | トップページ | 無駄話<針供養> »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

またまた相撲界に不祥事、大阪場所も
中止になる見たいですね、相撲の
好きな御年寄りは昔は考えられないことが
起こる相撲界に昔は良かったと言っています。

山ちゃんさん、どっちを向いても昔はよかったことばかりです。先ず政界からして金との繋がりを断ち切ることが出来ないのですから、根本が狂っておれば総てが狂うのが当たり前、嘆かわしい限りです。

賛成で~す!一生懸命精進している力士には申し訳ないけど。国技も公益法人も無くし、年間の試合数も減らし、お相撲さんも減らし、役員一掃し、何もかも真っ新にして改めて一から出直すべきだと思います。相撲道はどこへやら?・・・ ( ̄ヘ ̄) その場だけの取り繕いは日本の恥ですよね!膿を出し、かさぶたがきれいに完治し、改めて再開まで、国民は品格あるガチンコ勝負を期待して待ってくれると思います。

チョロピコさん、これはなかなか根が深いようです。今に始まったことではなく、相撲界の悪い伝統のようで、古くから疑惑は繰り返しあったようです。

まったく、チョロピコさんに大賛成です。
膿は全部出し切らないと、体全体が腐ってしまいますから。
八百長八百屋さんも大きな迷惑です!

いしころとまとさん、去年からの不祥続き、今では全体が膿のように見えます。余程思い切った大手術をしなければ、ファンに受け入れられないでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無駄話<春立ちぬ> | トップページ | 無駄話<針供養> »