« 普通の暮らし | トップページ | 親切 »

2011年3月26日 (土)

人情

 被災地の皆さんが自分も同じ災害を受け、家族の安否も分からぬまま、助け合う姿を見て、意味も実質も忘れかけていた人情という言葉が思い出されました。辞書によると人情とは、「日本人が大事にしてきた心情で、人間として自然に表出される感情であり、特に他人への思いやりの心であり、江戸時代には顕著に見られたものの、明治期以降は段々と希薄化の傾向を辿っている」、ということです。

 東北地方の方たちは厳しい自然環境や風土の中で生きてきた伝統があるから、特に人情が厚いということも聞いたことがありますが、それにしても今回の報道を見ていて、総てを失いながらも強く温かい人情を失っていない姿には頭がさがります。

 現代一般的には、物の豊かさと便利さで、別に他人との繫がりがなくても、返って気楽に自由に生きていけるから、煩わしい人間関係を持ちたくないという風潮が強くなって、他人同士でなく、親子肉親の絆さへ希薄になってきている気がします。健康で働く仕事があればそれでよいのでしょうが、災害でなくても病気や失業のために孤独死なんていう余りにも淋しい現実も起きています。

 たまに困っていそうな人を見て助けようとすれば、お節介と取られたり、優しく声をかけると、胡散臭く思われたり、人情が通じない世の中になっています。被災者の皆さんは言うまでもなく、日本人みんながこんなに大きなショックを受けた災害からの、人と人の繫がりなしには生きていけないという教訓を無にせず、この機会に原点に戻って、物の豊かさや、便利さをもうこれ以上は求めずに、お互い人と人との絆を取り戻すことを念頭において、みんなで力を合わせて心の復興にも取り組まなければと思います。

 ストック 花言葉「思いやり」
Rimg03031

« 普通の暮らし | トップページ | 親切 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。あの日から2週間が過ぎましたね。まさか!日本が!・・・現実の怖さを知りました。被災地は私の故郷もそうでした。家屋損壊、道路陥没、液状化隆起など。命云々はない様子ですがw(゚o゚)w                           ここ成田も毎日余震があり、いつも体がゆ~らゆらしています。

ここ数日、あまりに悲しい報道が多すぎて
心が滅入ってしまい、自分を平静に保つことだけで
やっとでした。
人は1人では生きていけない、何とかみんなに支えられて、生きている。
そんな当たり前のことが当たり前でなくなっている今の世の中ですが・・・
こんな困難に遭うと、人のありがたさに感謝し
温かい方々と一緒に生きていられることに感謝しております。


チョロピコさん、全く先の見えないまま2週間が過ぎた被災地の皆さんには、なんと言葉をかけてよいか、息詰まる思いです。チョロピコさんの故郷も被災とは、ご親戚の無事は確認できましたか、お見舞い申し上げますとしか言いようのない不甲斐なさを痛感します。

元気溌剌ないしころとまとさんも、このたびは心身共にお疲れがでたのでしょう。神が大きな代償の上ですが、人が人の心の原点に戻って出直す機会を与えてくれたとも思えますが、それにしては被災された皆様の犠牲は余りにも大き過ぎ不公平極まりなく、被災しなかったものはなんとしても力の限り復興支援しなければ申し訳ないと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 普通の暮らし | トップページ | 親切 »