« 地震お見舞い | トップページ | 運命 »

2011年3月18日 (金)

春よ来い

 あの想像を絶する牙をむいて襲いかかった地震と津波、そしてさらに追い討ちするように、目には見えぬ放射能による死の恐怖の中で、家族の安否も分からぬまま、寒さと飢えに耐えながら、先の見えない避難所生活を過ごしている皆さんに「お見舞い申し上げます」とか、「頑張ってください」なんて言う言葉は空々しく、聞くだに腹立たしいだけだと思います。

 それでも遠隔の私にはそれに代わる言葉も見つかりません。せめて近ければ身をもって同じ寒さと飢えを味わい、泥にまみれて救出作業にでも参加できるのにと悔しくてなりません。でもこれからの長いご苦労に少しでも役立つことを探していきたいと思っています。国中から世界中から被災地の皆さんに目が向いていることだけは間違いないと思います。どうか気を強く持ってください。遅れても生きていてよかったと思う春はきっと来ます。        

 春よ来い
D0132021_203742291_7

« 地震お見舞い | トップページ | 運命 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

少しでも何かのお役にたいたい、
気持ちでいっぱいです。
近くなれば少しはお役に立てるかも
思いもしました。
これ以上何もいえません。

山ちゃんさん、私も同じ思いですが、近ければと歯がゆいです。ささやかな募金でもする以外ないです。

そう思って下さる方がたくさんいらっしゃることが本当に励みになります。

ありがとうございます。

春がくることを願って頑張ります。

かおりんさん、思うだけで何の力にもなれず歯がゆいばかりです。この際に自分の生活を見直したいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地震お見舞い | トップページ | 運命 »