« 無駄話<短い2月> | トップページ | 無駄話<悲しき春> »

2011年3月 2日 (水)

無駄話<足の役割>

 いまさら「足の役割」なんて話を始めると、「何言うてるんや、歩くことに決まってるやろ」と言われそうですが、右足と左足で違う役割のことです。手と違って右利き左利きは無いように考えていたのですが、何も意識しない歩きでも左右役割があるようです。

 蛸足の役割

F0144493_32011521

 手には利き手とそうでない手があるように、2本の足にも利き足とそうでない足の区別があることはあるようです。しかし、そのこととは別に、右足と左足はそれぞれ違う役目を持っているのです。

 まず、右足ですが、右足は一般に、左足と比較すればかなり敏捷に動かすことが出来ますし、体のバランスを取ったりするときに役立っています。これに対して左足は、体重を支えるという役割のほかに、歩いたり走ったりするときに進むべき方向を決定するという役目があるそうです。

 エスカレーターから降りるとき、意識はしていませんが、まず最初に踏み出す一歩はほとんど左足だということです。今度エスカレーターに乗ったとき、注意して自分の右足と左足を観察して見てください。進む向きが右でも左でも、第一歩目はほぼ左足だそうです。

Fumidasuippo21

 それを知って歩いてみると、確かに左右の足の役割は違うのが分かります。ごろごろ石の急な坂道を下るときなどそれがはっきり分かります。左足に体重を残したままで、右足で次の安全な着地位置を探り左足を送る動作を繰り返し、左右同じ動作ではなく役割分担しています。

 人生の歩みでは慎重にと思っていても、躓き、勇み足などあり、とんとんと進めるものではありません。足の役割のように一歩々々安定を確認して次の足を踏み出す慎重さが大事なのでしょう。



システム英単語 Ver.2 Book システム英単語 Ver.2

著者:刀祢 雅彦,霜 康司
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 無駄話<短い2月> | トップページ | 無駄話<悲しき春> »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お久しうございます!            ふむふむ、成る程ねぇ。面白い体の仕組みなんですね。。。いつも気づかされるって愉しい事!
役割分担の足さんよ、どうかお願い!私の神経回路が絡まり危ないサインの指令が短いあんよに行く前にこけないでちょうだい!~~~そんな2本の足の持ち主なんですから(*^-^)

チョロピコさん、身体の仕組み、ほんとうに不思議です。ただの進化だけで出来たとは思えません。神の業としか考えられないことが多いです。

こんばんは♪
無意識に使ってる右足左足
重大な役割があったんですね
同じような足ですがそういえば左足ではけんけんするのも難しいです

なるほど~
実はエスカレーターを降りる時
未だにスムーズに行かず、
何回も見送ってから乗ります(笑)
なので、どっちから出てるのか全く
記憶にありませんが、考えてみたら
靴下は左足から履くかも!
左足の方が右足に比べて少し大きいんですが、
左足で体重を支えることが多いからなのでしょうかね。

かおりんさん、人の身体は左右対称のでも、それぞれ得意な役割があるのですね。エスカレーターに乗り降りのときのタイミング、1回見外すと慌ててしまいます。

エフさん、人の身体、見かけは左右同じでも、働きは得意不得意があって分担しているのですね、よく出来ているものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無駄話<短い2月> | トップページ | 無駄話<悲しき春> »