« パソコン不調 | トップページ | 銀杏の生る木は公孫樹 »

2012年10月17日 (水)

ブログ再開

 皆様、永らく休みご無沙汰してしまいましたが、吉ちゃんさんに促されぼつぼつ再開して見ようかなという気になりました。以前のように毎日投稿なんて出来ませんが、散発でのんびりいきたいと思いますのでよろしくお願いします。

 暑い間休んでいた山歩き、9月末に京都大阪方面から高野山への巡礼古道「京大阪路」の最後の難所の急坂不動坂の旧道が2年ほど前修復されたのですが、まだ歩いてなかったので近所のご夫婦と歩きました。

 高野山への巡礼道は、7つあって、「高野七口」とも呼ばれていますが 中世からのの主道路は世界遺産にもなった九度山慈尊院から大門へ至る「町石道」が有名ですが、また、橋本、学文路から 河根を経て神谷(かみや)へ至り、今は南海電車の終点駅となっている極楽橋から不動坂を経て高野山へ  と登る「京大阪道」と呼ばれた裏参道は、明治から昭和始めにかけてこの道が最短距離であることから賑わいをみせたそうです。

 先ず我が家から南海電車で三駅20分ほどで極楽橋です。2051631_12

 極楽橋を渡ると不動坂の起点です。5分ほど歩くと舗装された新不動坂から右に分岐する復元旧不動坂の急登いろは坂が始まります。

 O06000400119356462131_4

 いろは坂を登り切ると後半は緩やかな登りです。
P1030664_2

 高野山内で罪を犯した者を簀巻きにして崖下に突き落としたという刑場跡「万丈転」を通ります

Tmp_imgresize2_4

現在は植林もされ、それほど険しい崖でもありませんD1

一旦新道を横切るところに清不動堂があります。

P1030670


清不動堂右横からの旧不動坂登り口は険しいです。P1030672

急な坂道のため駕籠に乗ったまま道ばたの野の花を手折ることが出来たことに由来する花折坂を通ります。

Imagescap80nli

 花折坂を登りきると不動坂終点女人堂です。

R_081230_1151

 夏の間休んでいた山歩き、足がなまっていないか不安がありましたが、歩いてみて自信が戻り不動坂だけでは物足りず、女人堂が登山口である辨天岳を超えて大門に下りました。 辨天岳山頂です。

P1030676_2

 

 高野山大門です。

1 

 

 高野山開創1200年(平成27年)記念で伽藍に建立中の中門です。

 110421
 

 伽藍からはバス、ケーブルカー、電車を乗り継ぎ帰りました。

« パソコン不調 | トップページ | 銀杏の生る木は公孫樹 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

久し振りにkazutyaさんのブログを楽しみました。これからは山登りのように焦らず、慌てず、ゆっくりとパソコンに向って気の向くままに投稿してみてくださいね。
高野山は行ったことはありませんが、結構厳しい坂があるんですね。有名な武将達が幽閉されそこに歴史を感じでしょうが、画像を見ていると登るのに一生懸命みたいですね。
これからも宜しくお願い致します。

吉ちゃんさん早速のコメント有難う。1年半休んでいる間に操作法が変更されていたり、手順を忘れていたり、なかなかうまくいきません。まだテンプレートを反映出来ず白地のままで味気ないブログです。また勉強し直します。

kazutyan、おひさしぶりです。そろそろ再開なさると思って、楽しみにしておりました。
ぼちぼち山歩きを始めたようですが、それでもすごく歩いたんではないですか。
これからはゆっくりとブログ進めてください。
1年10ヶ月ぶりにkazutyanに会えて、とっても嬉しいです。

しばらくです。
いつ再開するのかと心待ちにしていました。
大好きな山歩きも再開されて、良かったですね。

山歩きや野の花の写真などUPしてください。
これからは、お互いにゆっくりのんびりブログライフ楽しみましょう!!

いしころとまとさん早速のコメント有難うございます。これからまた食の話楽しみに拝見させて頂きます。

よつばさがしさん早速のコメント有難うございます。よつばさがしさんのアップされる写真のようにはとても及びませんが、写真が主のブログになると思います。お目に止めて頂けたら幸いです。

お久しぶりでございます。
いしころちゃんから嬉しいお知らせがあり、早速のお邪魔虫になりましたよ。
昔、駕籠屋はこの急坂を登り下り・・・凄い! 花折坂とはステキな名前ですね。                     それにしても皆様、健脚ですこと!!
私も拙いながらも時々更新、ホント、楽しみが増えました。

ブログ再開されるのをお待ちしておりました!私も、ポツポツとしか書いてませんが、のんびり気ままな投稿、楽しみにしております♪山歩き、気持ちよさそうですね~shine

チョロピコさんお久しぶりです。早速のお越し有難うございます。もう健脚とは言えないのですが、近くの低山ならまだ登れます。

かおりんさん、お訪ね有難うございます。返コメント遅くなりました。かおりんさんはぼつぼつでも実のあるブログで楽しく拝見しております。私はネタ探しに苦労していますが何とか続けたいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パソコン不調 | トップページ | 銀杏の生る木は公孫樹 »