« 紅葉当たり年 | トップページ | 串柿の里 »

2012年11月12日 (月)

九度山町大収穫祭

この10日11日の2日間、第6回九度山町大収穫祭が催されました。第6回とまだ歴史が浅いのは、6年前庶民感覚で人気の現町長になってから催されることになった神社仏閣や伝統と関係なしのお祭りです。

31

町内各種団体がそれぞれステージを見せたり、農産物や加工食品の販売ブース開設します。

41

特に九度山町で収穫といえばなんと云っても富有柿、町外大阪方面からも態々富有柿が目当てで来る人も多いようです。真田幸村の縁で姉妹提携をしている上田市からのリンゴの販売所もあります。


2011072231
Fuyuga_21


九度山町は山の中なのに、なぜか猪でなくて鮪の解体ショーもあります。

22

この2日間で5000人足らずの九度山町の人口の数倍の人が町外から来てくれる九度山町の大イベントです。











« 紅葉当たり年 | トップページ | 串柿の里 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

11月はいずこもイベント花盛りですね。
艶やかな柿が美味しそうだこと!
大盛況ってcoldsweats01活気が出て何だか愉しくなりますね。                             沢山の人々が集まって賑わうと、ホントに実行委員会の方々は疲れも忘れてしまう事でしょう。 sunにも恵まれたら尚のことですね!   

大勢の人が集まる収穫祭、見ているだけで心わくわく楽しくなりますね。

こちらでも、庄内柿(焼酎で渋抜きしたもの)がお店に並んでいます。
暖を取った部屋でいただく、ちょっと冷たくて甘い柿がとっても美味しいですよ。

富有柿はふっくらして美味しそうですが、渋抜きはしなくてもいいのかしら?

チョロピコさんこんばんわ、日本人はイベント好きなのでしょうか、昔は祭りと云えば神社、仏閣、に関係した伝統のものだけだったと思うのですが、今は何でも○○祭というイベントの多いこと、中には商魂丸出しの人集めのものもありますが、皆を楽しい気分にして財布の紐を緩ませるのは悪いことではないでしょう。

とても賑わっている様子が写真から伝わってきます。秋のイベントはおいしいものたくさんでいいですね~♪富有柿おいしそうです!

よつばさがしさん、富有柿は渋抜きしなくても甘く種も一個か二個、果肉は食感もよくて甘いです。でも晩生ですので本当に美味しくなるのは11月下旬から12月になり、寒くなるので9月から出回る渋抜き柿に比べ敬遠されがちな柿になるのです。

かおりんさん、食欲の秋のイベントはどうしても食が主役になりますね、でも食べながら芸術の秋も満喫できる大収穫祭です。

収穫祭いいですね~
祭りのはなやかさが伝わってきます。
現町長の人気の元は庶民的なところなんですね。
富有柿、こちらでもずいぶんいっぱい売られてます。
なんといっても甘柿の代表ですものね。
マグロの解体ショー
これがメインイベントなのかもしれませんね(*'-^)

いしころとまとさんへ、人気の町長さん欲が出て来なければいいのですが、見守って行きたいです。そちらにも富有柿売られてますか、もし九度山産が見つかれば試食してみて下さい。鮪は他を見に回っている間に売り切れて買えず、リンゴは買えました。

こんばんわ! 今日、東京も木枯らし1号が吹きました。これからは段々寒さが加わってくるでしょう。 歴史がまだ新しいのに九度山町大収穫祭は随分盛り上がっていたんですね。色々なイベントがあり町おこしがどんどん掘り起こされている感じです。
山の中でも鮪の解体ショウもまた地元の人たちも喜んでいるんじゃないでしょうか?
九度山の名産の柿も美味しそうですね。 一度真田幸村の歴史も探索したくなりました。

今の時期、秋の収穫祭が行なわれていますね、
私もこの様なイベントには必ず行きます。
ブログのネタ探しもかねて・・・・、
九度山町5000人口の数倍も来るとは
すごいですね、
綺麗で大きな柿美味しそうです。

山ちゃんさん今晩は、まだ第6回と伝統は浅いのですが、周辺市町村や大阪にも口コミの広がりがあるようで、今まで大したイベントもなかった九度山町民としては嬉しいことです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129786/47818128

この記事へのトラックバック一覧です: 九度山町大収穫祭:

« 紅葉当たり年 | トップページ | 串柿の里 »