« 2013年2月 | トップページ

2013年3月

2013年3月20日 (水)

三味線と琴

最近電車の中で「三味線のある家は少ないが、琴はどこの家にもある、その中でもよい琴は少ないが悪い琴は多い」と話しているのを聞きました。琴=事のことを云っているのです。
B6d7a1a6c2_ct_ci1

そう云えば我が家も今年は事が多くありそうな気がします。先ず2月の始めにはよい事で、姪の息子の豪華な結婚式に招待され喜びの感動を貰ったのも束の間、2月16日には長寿だったとは云え7人居た父方の従兄弟姉妹の最後の一人が亡くなり、3月6日には息子の結婚を見届け安心したのか姪の夫が半年間の膵臓癌との闘病のすえ亡くなりました。

今は二人に一人が癌になると云われていますが、我が相棒と二人も1月25日に集団胃癌肺癌大腸癌検診を受け、異常なしならはがきで通知が来るので待っていたら他の郵便物に混じって二人ともはがき通知が来ており一旦は糠喜び、相棒には封書の通知もきても来ていました。胃に異状があり精密検診を受けるようにとの通知です。

直ぐかかりつけの開業医で胃カメラ検査と組織細胞診を受け、ほぼ胃癌に間違いなしと言われ、近くて名医の揃った大病院である近畿大学医学部附属大病院に紹介され3月12日初診を受け、今現在通院で各種検査中です。初診から約一ヶ月は外来で検査と診察が続きそうで、入院手術は4月に入ってからと思われます。

近畿大学医学部附属病院
Dsc_0503041091

そういうことで当分は相棒の闘病の支援に追われる日々になりそうなので、ブログの投稿も遠のくと思われますが一日も早く復帰出来るよう頑張りますのでその折にはまたよろしくお願いします。

2013年3月 5日 (火)

啓蟄

今日は「啓蟄」、秋分の日頃から地下や樹皮の襞にもぐりこんで冬眠していた虫たちが出てきて活動し始める頃ということですが、先手を打って一日早く昨日公園の木に虫集めに巻き付けられていた菰が外され焼かれていました。
10komo111

ここ二三日の日中の陽気に浮かれ気分で早く出て助かった虫と律儀に暦通りを守って焼かれた虫の運命の分かれ道だったようです。でも今日のウォーキング途中では虫らしきものには一匹も会いませんでした。そういえば昨年啓蟄の日に出て来てのろのろ動いていた蛇が翌日大霜の朝少し離れた場所で動かなくなっていました。

わたしは始めて知ったのですが啓蟄」の「啓」の字は「ひらく」という意味があり、「蟄」は武士や公家が幕府や領主の意に沿わないことをした場合、刑罰として「蟄居を命ず」云われた「蟄居」の「蟄」の字と同じなんですね、すなわち閉門して自宅の一室で謹慎することだそうです。

虫も人に害し嫌われる虫が多いですが虫は冬将軍から蟄居を命じられるのか、自主的に蟄居するのか、どちらにしても啓蟄を過ぎればまた悪さを繰り返すので困ります。
Main1

でも虫からすれば「生物皆平等に共存するべき地球を独占し、公害や殺虫剤まで撒き散らし、環境破壊しているような人間ほどの横暴はしないよ、人間も少しは蟄居反省せよ」と鳴いているようです。
P10100121








« 2013年2月 | トップページ