« 啓蟄 | トップページ

2013年3月20日 (水)

三味線と琴

最近電車の中で「三味線のある家は少ないが、琴はどこの家にもある、その中でもよい琴は少ないが悪い琴は多い」と話しているのを聞きました。琴=事のことを云っているのです。
B6d7a1a6c2_ct_ci1

そう云えば我が家も今年は事が多くありそうな気がします。先ず2月の始めにはよい事で、姪の息子の豪華な結婚式に招待され喜びの感動を貰ったのも束の間、2月16日には長寿だったとは云え7人居た父方の従兄弟姉妹の最後の一人が亡くなり、3月6日には息子の結婚を見届け安心したのか姪の夫が半年間の膵臓癌との闘病のすえ亡くなりました。

今は二人に一人が癌になると云われていますが、我が相棒と二人も1月25日に集団胃癌肺癌大腸癌検診を受け、異常なしならはがきで通知が来るので待っていたら他の郵便物に混じって二人ともはがき通知が来ており一旦は糠喜び、相棒には封書の通知もきても来ていました。胃に異状があり精密検診を受けるようにとの通知です。

直ぐかかりつけの開業医で胃カメラ検査と組織細胞診を受け、ほぼ胃癌に間違いなしと言われ、近くて名医の揃った大病院である近畿大学医学部附属大病院に紹介され3月12日初診を受け、今現在通院で各種検査中です。初診から約一ヶ月は外来で検査と診察が続きそうで、入院手術は4月に入ってからと思われます。

近畿大学医学部附属病院
Dsc_0503041091

そういうことで当分は相棒の闘病の支援に追われる日々になりそうなので、ブログの投稿も遠のくと思われますが一日も早く復帰出来るよう頑張りますのでその折にはまたよろしくお願いします。

« 啓蟄 | トップページ

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 冠婚葬祭の多い年代になっていますね。 私もこの2月にがん検診に行って来ましたが、大丈夫だと思っていたところ引っかかってしまい苦しみながら胃カメラをのみ検査してもらいました。案の定胃潰瘍が見つかりましたが何とか今は正常に戻りました。
年に1回は検診をした方が良いのかもしれませんね。 私の兄は2年前に胃がんが見つかりあと2ヶ月の命だと言われていましたが、入退院を繰り返し、抗がん剤を打ちながら今は大分元気になっています。 検診をしてガンが見つかり、早期発見になったので大丈夫だと思いますが、暖かく見守って元気付けてあげてくださいね。ブログは手術後退院してからゆっくり投稿して下さい。

吉ちゃんさん、早速のコメント有難うございます。やはり検診は大事なことですね、以前は毎年受けていたのですが、ここ3年ほどもう癌も寄り付かないかと受けずにいました。相棒も私も入院の経験はなく晴天の霹靂のことなので一時は狼狽しましたが幸いまだステージⅠ~Ⅱという初期で大手術ではないようで安堵しています。また復帰できるものと思います、その折にはよろしくお願い申しあげます。吉ちゃんさんも健康には十分ご留意下さい。

人生喜びもあり、また悲しみもあります。
私しも市役所の年に一度の健康診断は
必ず受けています。結果報告は封筒の
封を切るまでは安心できません。
前立腺ガンの疑いで総合病院で再検査をしました。
投薬で腫れていた前立腺が治るとのことで
安心しました。結果に葉書と封筒があるとの事
知りませんでした。お供達の闘病の支援
との事、はやい復帰をお祈りいたします。

山ちゃんさんコメント有難うございます。健診は結果通知が来るまで不安が続きますね、癌の疑いではびっくりされたでしょうが再検査を受けて投薬で治られてよかったです。

紛らわしい言葉を使ってご免なさいね、相棒は友達でなく人生の相棒(妻)のことなのです。

kazutyanこんばんは
淡々と書いてらっしゃいますがとっても心配なことと思います。
検診で見つかったのですから、きっと早めに治りますよ。
奥様が一番不安だと思います。
なにより奥さんにとっては、kazutyanが心の支えでしょうから
奥様の御看護に専念してくださいね。


いしころとまとさん有難うございます。ステージⅠ~Ⅱの段階だそうで初期癌ということでほっとしていますが、何分大病院は初診から入院手術までの検査々々の日数が長いのでその間不安に過ごす日が長く困っています。でももう本人もまな板の上の鯉と開き直っています。また嬉しい投稿が出来る日までそんなに遠くはないと思いますのでその折にはよろしくお願いします。

kazutyan
初期癌ということで、奥様きっとすぐによくなりますよ。
胃癌の治癒率は今すごく高いそうですから。
病院通いは本人も大変ですが
一緒に病と闘う家族も精神的にも大変だと思います。
kazutyanもお身体に気をつけて、まずはしっかり栄養とってください。
又、kazutyanの嬉しい投稿待ってますよ。

いしころとまとさん、心からの励ましの言葉本当に有難うございます。何よりの闘病力になります。今相棒は殆どの検査を終え入院待ちなのですが、今日の検査のあと息子が病院へ迎えにきてくれ息子宅へ寄り嫁の手作りのご馳走になったあと4人で近くの公園を満開の桜を見ながら散策して今日一日は癌を忘れて過ごすことが出来ました。今まで健康であっただけに病気になって始めて知る関係周囲の皆さんの優しさ、思いやり、温かさに感動の毎日を過ごし絶対治らなければと頑張っています。


お二人の仲の良いお姿を拝見して、とても羨ましく微笑ましく思っていましたので

しばらくぶりにおじゃまして、驚いています。

義父も市の定期検診で胃癌が見つかり、手術したのが70歳ぐらいの時でした。
その後は再発することなく、24年間も元気に過ごしていました。

奥様も初期に発見されたのですから、絶対に治りますよ。
病院通いなど精神的にも疲れることが多くなるとは思いますが
優しい思いやりが、奥様の心を安心させ病気も早くおいはらってくれるとおもいますので、頑張ってくださいね。

早く元気にになって、おふたりで散歩できますように・・・・・

よつばさがしさん嬉しい励ましのコメント有難うございます。胃癌は一番治療がし易い癌と聞いて安堵していますが、まだ入院手術の日程が決まらずに待つ日数の長さに本人の不安と悩みの繰り返しです。でも始めての入院手術を受ける身になって分かる皆さんの優しさや温かい気遣いに触れて感動と感謝の毎日です。これでは頑張らなければと二人で話しております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129786/50857198

この記事へのトラックバック一覧です: 三味線と琴:

« 啓蟄 | トップページ