« 方言 | トップページ | 三味線と琴 »

2013年3月 5日 (火)

啓蟄

今日は「啓蟄」、秋分の日頃から地下や樹皮の襞にもぐりこんで冬眠していた虫たちが出てきて活動し始める頃ということですが、先手を打って一日早く昨日公園の木に虫集めに巻き付けられていた菰が外され焼かれていました。
10komo111

ここ二三日の日中の陽気に浮かれ気分で早く出て助かった虫と律儀に暦通りを守って焼かれた虫の運命の分かれ道だったようです。でも今日のウォーキング途中では虫らしきものには一匹も会いませんでした。そういえば昨年啓蟄の日に出て来てのろのろ動いていた蛇が翌日大霜の朝少し離れた場所で動かなくなっていました。

わたしは始めて知ったのですが啓蟄」の「啓」の字は「ひらく」という意味があり、「蟄」は武士や公家が幕府や領主の意に沿わないことをした場合、刑罰として「蟄居を命ず」云われた「蟄居」の「蟄」の字と同じなんですね、すなわち閉門して自宅の一室で謹慎することだそうです。

虫も人に害し嫌われる虫が多いですが虫は冬将軍から蟄居を命じられるのか、自主的に蟄居するのか、どちらにしても啓蟄を過ぎればまた悪さを繰り返すので困ります。
Main1

でも虫からすれば「生物皆平等に共存するべき地球を独占し、公害や殺虫剤まで撒き散らし、環境破壊しているような人間ほどの横暴はしないよ、人間も少しは蟄居反省せよ」と鳴いているようです。
P10100121








« 方言 | トップページ | 三味線と琴 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

confidentおひな様の日が過ぎて、トントントンと暖かくなってきましたね。
tv旅番組を見ながら、心はもぞもぞ~~~蟄居反省はお手のもの!私も穴から何時出ようかと・・・?!  何事もタイミングが肝心ですものね!  

チョロピコさん、昨日今日18℃と虫でなくても跳びだしたくなる陽気です。春を跳び越え初夏が来たようです。好きなウォーキングでも汗をかくのは嫌なんです。黄砂も多くて外に出る気になりません。

この公園ではこのようにこも巻きをしているのですね、
私のブログで紹介した公園では管理している市に予算がなく
ホッタラかしです。
この様な風景は羨ましいです。

山ちゃんさん、菰巻は虫退治の効果はあるのでしょうか、松クイ虫などには効果が無いようです。公園の風物詩だけのような気がします。

おはようございます。しばらくブログも冬眠していましたが、そろそろ土の中から這い上がらなければと思っています。
東北大震災から丁度2年になりますが、今日の日曜日テレビではは復興の姿や、まだまだ原発の問題で故郷に帰れない人達の姿の映像が映り出されています。もっとスピード感を持って応援してあげればと念じながら見ています。
今はじゃがいもの植え付けの準備をしています。

いろいろな虫たちの絵とってもかわいいですね~
啓蟄、私も実は数日前に漢字の意味を知ったところでした。
農薬は、いい虫も殺しちゃいますから、
ガン治療の放射線照射と同じですね。
悪いものは排除するでなくって、一緒に共存するための
道を探して行かなくちゃ!ね。

いしころとまとさん、いい虫、悪い虫なんて人間中心で決めつけするのは、人間の傲慢ですよね、殺虫剤など作られるまでは共存出来ていたのですから出来る筈です。このまま人間中心でいけばいつかわきついしっぺ返しが来るとおもいます。

私はあまり臆病な方ではないのですが、どうも虫が苦手で・・・。虫さん、ごめんなさい。
小さい頃のちょっとした出来事がトラウマになってしまって。なので、虫が殺虫剤でもだえ苦しむ姿も見ていられないので、外に逃がし、やむなく共存しております・・・(笑)

春を通り越して初夏の気温になったりで公園のソメイヨシノが驚いて咲き始めています。異常気象はいつまで続くんでしょうか? 

かおりんさん、人間から見れば嫌な虫悪い虫のほうが多いですよね、共存と言ってもやはりやむなき共存でしょう。虫が苦しむのも見たくないのは優しい気持ちからでしょう。

吉ちゃんさん、梅が残っている間に桜が慌てふためいている感じですね、うぐいすもよく鳴いています。街では半袖の人とコートを抱えた人が入り混じっています。もうすぐ暑い暑いが口に出ることでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129786/50327321

この記事へのトラックバック一覧です: 啓蟄:

« 方言 | トップページ | 三味線と琴 »